「青い鳥が鳴く方へ」

赤坂GRAFFITI本当なら、先週金曜日に行く予定だったはずだが出演キャンセルとなってしまって、行く事ができなくなったことから、今日になったのである。仕事を終えてから、副都心線と丸ノ内線で赤坂見附に向かい、夕食後に赤坂GRAFFITI(写真上)へ。定刻通り18時30分に開場して、受付を済ませて待機する。そして、19時に定時開演。
福地 セイカさん。Neontetraのヴォーカル担当である。白い花柄ワンピース。今回はソロ出演で、バンドの時とは雰囲気が違う。ハイテンションな曲から始まり、観客の手拍子が響き渡る。紹介後は、先週にリリースし立ての曲。聞き覚えあるから分かるよ。次はタオル振りの曲で、手拍子にピンクのタオルが場内で舞う。トークでは、8月6日リリースのアルバム作成の裏話をしていた。かなりこだわるのか、ダメ出しの連発だったという。続いては、4月の生誕祭で歌った曲。次のトークでは、昨日の野球祭典に行った時のネタ。さらに、おなじみの2曲を連続で歌って締めくくった。
大希 幸子(おおき さちこ)さん。おしゃれ♡間違いのヴォーカル担当で、ギター弾き語り。青半袖シャツに黒ミニスカート。まずは、力のこもった曲から歌った。続いて、やや落ち着いた感じの曲。ここで紹介に入り、ソロは珍しいというそうで、グループでの曲が中心。次は、強さが感じられる曲と、完コピしきれないという曲を歌う。告知タイムの後は、連続で弾き語りを届けて締めた。

「青い鳥が鳴く方へ」柳下 綾子さん。青い装飾の薄ピンクワンピース。まずは、カラオケ収録曲から始まる。観客の手振りが気分良いものだ。次は、CD収録曲から2曲連続で歌う。おなじみなので、最初の曲は手振りはすぐ分かるし、手拍子も決まる。さらには、お気に入りの曲とカバー曲で、最高の気分に酔い、熱く盛り上がる。今後の告知話に入る。その中にはファミリーパーティーの話も。次は、定番曲で手振りをやるよ。最後は、タオル回しの曲で、手拍子にタオル回しと白熱した。
MISSIWさん。銀の肩出し服に盛り装飾の筒状白スカート。最初から飛ばして来た。出演前に配られた電飾リングを出して、一気に盛り上がる。次も激しく歌う。少し準備してから、慣れないギターを弾きながら歌う。が、ハプニングでやり直し。音が大きすぎたという。それでも、ガンガンやってくれたよ。先月に7周年記念ライブをしたが、その時に歌った曲を次に歌い、同時に激しいダンスで魅せてくれた。次は、観客もダンスする曲だが、テンポが速すぎてついていけない。ここで、告知タイム。最後は、またCD収録曲から歌い、激しいダンスが止まらない。熱いままに終わった。訳がない。観客の手拍子が止まらない。アンコールだ。またまたダンスで力尽きるまで、突っ走って、約2時間50分のライブは終演となった。
物販・交流タイムだ。出演者と会って話した。しばし滞在して、赤坂を後にした。みなさ~ん、楽しい夜をありがとう!!