Neontetra 「4thシングル」レコ発ライブ 「IT’S SO FINE!!」

赤坂GRAFFITI渋谷でのライブが終わり、都営バスで溜池を経て次なる会場の「赤坂GRAFFITI」(写真上)へ。時間的に余裕があるので、夕食を取ってから行くことにした。18時に定刻通り開場した。受付を済ませてから、早速リリースし立てのレコ発CDを買う。しばらく待ち、18時30分に開演した。
金田一 芙弥(きんだいち はすみ)さん。いきなり、語りから始まるではないか。それから2曲連続で歌うのだが、しんみりした時間が過ぎてゆく感じだ。また、語りが入って、しっとりした曲とパワー感じる曲と続き、カバー曲も歌う。ここまで、ラブソングを届けたという。トークに入って、紹介と告知。あとの2曲は、その他のジャンルからセレクトして歌った。
天野 真喜(あまの まき)さん。サポートギターとの共演である。洋楽カバーから始めて、オリジナル曲を1曲歌う。この後の紹介で、各地で活動していると言った。さらに1曲歌ってから、サポートギターを紹介する。彼女曰く、海外での生活経験があるそうだ。また、曲自体からしてキングオブポップという。続いては、そんなポップな感じの曲のカバーを2曲連続で歌う。ここで、出しているCDの紹介してから、さらにオリジナル曲を歌う。告知タイムで、来月のライブを大々的に伝えてから、最後にオリジナル曲を歌って締めくくり。

Neontetra茂家 瑞季(もいえ みずき)さん。バンド3人体制で出演。自らベース&ヴォーカルを担当し、ギター、ドラムのサポートと共演。歌い始めると、観客の手拍子が響き渡り、場が盛り上がって来た。2曲歌ったところで、紹介する。組んでいるバンドがベース不在という事から、ベース弾き語りを始めたという。次は、手振りしながらも、しっとりした曲、と思いきや後あたりで手拍子になる速さに一変。これは、CDが出ていないというのだ。続いてテンション高めの曲で、手拍子が飛び交う。トークで野球ネタが出る。この後は、アニソン(プリキュア)で手拍子がよく合う曲を歌って、バンド紹介してから、次もアニソン(プリキュア)を歌う。告知してから、最後はデビュー曲を歌って締めくくり。
最後は、主役のNeontetra。正規メンバー4人とサポートドラムの5人体制(写真下)。おなじみの曲に、手拍子が軽やかに気分よく響き渡る。次は季節過ぎだが、定番の曲で手振りが決まる。さらにテンション高めの曲で手拍子が歯切れ良く。トークで、これから歌う新曲の紹介と、その裏話。1曲目は、静かに楽しく夜を過ごしたい時に、2曲目は、気分爽快に掛け声と手拍子が賑やかな雰囲気で過ごしたい時にピッタリ。ここで告知タイムとなって、最後は振り切らんとばかりに、ガンガン盛り上がる。
これで終わり、と思ったら手拍子が止まらない。そう、アンコールだ。タオル振りの曲を歌って終演となった。
この後は、物販・交流タイム。しばし、Neontetraと話がはずむ。こうして、赤坂を後にして帰ったのであった。みなさ~ん、楽しい夜をありがとう!!