『バス★ロビ 7周年記念 ワンマンライブ』 ~バスロビウォーズエピソードセブン~

渋谷 Ruido K2ここ最近、べりまじへの参戦が少なくなり、バス★ロビと会う機会が減っていたが、ワンマンライブは絶対外せない。昨年に続き、今回で2回目。都営バスで渋谷駅西口へ向かい、徒歩でRuido K2(写真上)へ。開場まで、まだ20分もある。それでも、既に待っている観客はいた。
さあ、11時に開場。受付を行うと、渡り通路の物販スペースに前物販として、ベース担当のKENSHILOWさん、ギター担当のU.Gさん、べりまじでMC担当の「みゆきゅん」こと、心音 みゆさんの3人がスタッフとなっていた。ここで、7周年記念シャツとバッジをゲット。場内は「バ(ス★ロビ)7[ナナ](周年)」にちなんで「バナナ」の曲が流れていた。30分の待機時間中、次第に観客が埋まってきた。さらに、べりまじ出演のアイドルたちも観客として来ていた。これぞ、人気がある証左だ。
11時30分、ついに開演。オープニングゲストは、べりまじで時々出演する「↓20センチ↑」。裕さんは白ワンピース、shiyaさんは薄ピンクワンピース。2人とも革ベルト巻き。このライブの火付け役にピッタリだ。2曲連続で歌い、トークで紹介を済ませると、最後はオリジナル曲。ヲタの掛け声が上がる。15分間の前はしゃぎの後、スクリーンが下りる。

終演後、物販中のバス★ロビ5分後、オープニングアナウンスと、ニコ動如きの爆笑(?)動画が上映され、「U.Gベイダー」出演。スクリーンが上がると、バス★ロビ(写真下)登場。サポートドラムの「あべちゃん」を含めた4人体制。初っぱなは「セブン」にちなんだ曲から始める。序盤から、ガンガン突っ走るのだ。手振りものせて、これでもかと煽っていた。トークタイムに入り、ヴォーカル担当のRYO-KOさんの思いつきに、KENSHILOWさん困惑。
中盤に入っても、ハイテンションな曲を続けて歌い、演奏にも力が入る。さらにカバー曲も取り込んで、勢い付けて飛ばした。オリジナル曲でもヘッドバットにハイペースな手振りと、派手にやってくれた。
再びトークタイムに入る。ここでは、2年前のRYO-KOさんの乳がん手術の話。これを機に、健康に意識するようになったという。
終盤に入り、しっとりした曲を歌った後は、マジカルチョコレートで、ついに出番のタオル回し。水色のバス★ロビ オリジナルタオルは既にゲットしてるから、僕も回したよ。これで約1時間20分のライブはお開き。
なわけない。手拍子が止まらない上に、U.Gコールも。スクリーンが下りて「U.Gベイダー」が再登場。
スクリーンが上がると、スターウォーズの仮面を付けた、バナナTシャツを着たバス★ロビ登場。主役は「U.Gベイダー」。途中で「U.Gベイダー」だけが残り、続きを歌った。おまけに、腕立て伏せまでやってくれた。
しばらくして、4人体制で揃ってトークタイム。KENSHILOWさんも鬱に悩まされていたそうだ。バス★ロビは本格的な活動からは7年だが、現在の3人体制結成からは10年になる。
アンコールは2曲。タイ遠征での曲「地図の終わり」と「Fighting Icecream」を歌い、お開き。
終演後の物販・交流タイムは、当然のことながら長蛇の列。僕は急がないので、最後についた。まあ、メッセージカードを書く時間は十分にあるからね。そして、チェキをゲットして渋谷を後にした。みなさ~ん、楽しい昼をありがとう!!