【バス★ロビPresents『Very Berry Magic Vol.83』】 ~おかげさまでべりべり6周年スペシャル~

この日はあいにくの天気だった。都営バスで表参道へ向かい、千代田線で赤坂に向かって、会場の赤坂CLUB天竺(写真上)へ。今回は開場前に到着した。数人が悪天候の中でありながら待機していた。
開場は定刻にオープン。受付を済ませると、場内でギター担当のU.Gさんに会う。開演少し前に、MCの「みゆきゅん」こと心音 みゆさんが登場。大人っぽさを出した少し肩だしグレーワンピース。注意事項のお知らせを済ませると、そのまま歌う。10時40分定刻開演。一部の出演者キャンセルになったために、自ら歌うことに。今回の服装からして、13歳というよりは17歳かな。3曲歌う。大人っぽさと可愛さを見事にマッチさせたね。
藤本 朋希さん。肩だし黒ミニワンピース。熱く燃える曲から始める。観客もテンションアップ。昼前のライブに、これは気分いいものだ。ニックネームは「武将」と言うが、まさにそれにピッタリな歌いっぷりだ。
黒崎 亮さん。黒肩だしシャツに黒ミニスカート。先月に続いて、黒を強調。観客の熱も少しずつ帯び始めた。トーク後に、また1曲歌った。告知後の「え~」には毎度の「にゃんっ!!」。最後は彼女定番の曲で締めた。
ここで1回目のMCタイム。また、みゆきゅんのムチャブリが炸裂した。
近藤 亜美さん。赤とオレンジの混ざったワンピース。ここは欠かさず、お疲れハートに「あみのチャージ!!」とばかりに、最初に飛ばすが、次は落ち着きある曲でしっとりと。それでも、最後はハイテンションに盛り上がる。

木ノ下 ゆりさん。ピンクワンピース。約1ヶ月あまりぶりの再開。ちなみに、べりまじは初主演。80〜90年代の懐かしいの曲から魔法少女の曲を主軸に歌う。観客も年代的にピッタリなので、ノリノリであった。2曲はオリジナル曲を歌う。さすが魔法少女だ。
ここで2回目のMCタイム。また、みゆきゅんのおてんばぶりが勃発。やっぱり中身は13歳だね。
YUCKEYさん。青から濃紺の 肩だしワンピース。いつもの黄色オリジナルTシャツではない。いきなり、和風アニソンから始めた。観客の黄色いライトが乱舞する。1人の観客がヲタ芸。2曲歌った後に盛りだくさんの告知。最後はオリジナル曲で締めくくり。
クレヨンゆーちさん。白茶混色服に白スカート。今度はオレンジのライトが乱舞。1曲歌った後のトークは、金髪に染めたことに関するエピソード。次はクレヨン体操。最後はオリジナル曲。観客にシール分けで歌う。
@mimi。2人ユニット。揃いで黒猫耳オリジナル黒Tシャツ。ロングヘアの大本 美紀さんは赤パニエ、ボブヘアの竹内 美穂さんはミントグリーンパニエ。ヲタたちは、ピンクとミントグリーンのライトが乱舞する。続いては、ヲタ芸で盛り上がる曲で、大暴れ状態であった。
ここで3回目のMCタイム。またまた、みゆきゅんのヘンテコな退出要求。
最後は、予約を入れたバス★ロビ。ついにべりまじ6周年の記念すべき公演。だが、ベース担当のKENSHILOWさんがいない。ヴォーカル担当のRYO-KOさんとギター担当のU.Gさんの2人? せめて3人揃って欲しかったが、事情ではやむを得ない。まずは、懐かしの曲から快調に。次は、みゆきゅんとコラボ、歌うは、みゆきゅん6年前リリースのオリジナル曲。続いては、黒崎 亮さんとコラボ、これに合わせて青上着を着ていた。歌うは、バス★ロビの「オリーブの木」。そして、近藤 亜美さんとコラボ、歌うは「ファイティングアイスクリーム」。タオル回しにヘッドバットも。2人に戻り、あと2曲。まずは春らしい、ゆったり目な曲から。そして、タイ遠征で作られた「地図の終わり」。
さあ、終演後は毎度おなじみ、みゆきゅんの物販のお約束アナウンス。そして、待ってましたの物販・交流タイムだ。時間が限られている上に、知っている出演者が多いため、大忙しなのだ。時間がいくら合っても足りない。そのうちに、次の予定で足早に去る出演者が出て、終了時刻のアナウンスが流れて大パニック。そして、赤坂を後にしたのであった。みなさ~ん、楽しい昼をありがとう!! 最後に、一部の出演者の写真をギャラリーに載せるよ。