ひなゆんラスト主催バースデーライブ ~Last Pink Party~supported by 萌えこれ学園

新宿ヘッドパワー赤坂のライブが終わり、今度は「新宿ヘッドパワー」(写真上)に駆けつけた。どうやら早着のようだった。18時開場なので待機していた。受付を終えると、前の方に陣取ってスタンバイ、18時30分開演。
この日をもって、「ひなゆん」こと、ひなのゆんゆんが活動を縮小してしまうため、最後の主催バースデーライブに駆けつけたのであった。
オープニングは、白い服にピンクミニスカートで1曲歌った。ヲタたちが歌に盛り上げり、ピンクライトが乱舞していた。
江織 杏さん。ピンクシャツとピンクジャンバーとピンクミニスカート。派手にステージを走るわ煽るわ、というパンダ星人。次は、ひなゆんとデュエット1曲。再びソロに戻って、歌いながらヲタたちは踊り狂う。
萌えこれ学園。フルメンバーは11人であるが、今回は5人で出演。赤リボン、ベージュチョッキに赤チェックミニスカート制服。ヲタたちは青ライトで声援。激しいダンスパフォーマンスで歌うが、自己紹介時も息切れしない。次の曲では、ヲタの定番掛け声が響き渡った。
Magical♡Honey。村上 桃子さん(赤ワンピースコス)と、いとう あいかさん(黄色ワンピースコス)の2人ユニット。またまた驀進する。紹介後は、ひなゆんと3人で白熱する。2人に戻り、歌うが、ヲタたちが大はしゃぎ。
辻 あいりさん。かなり久々の再会だ。ひなゆんピンクTシャツに赤リボン付き白パニエ。物足りないのか煽る。青ライトが飛び交った。今日はハードスケジュールで、これが3箇所目。次の曲は、わちゃわちゃしながらテンション高めに、「あいり」コールも。最後は、オリジナル曲をひなゆんバージョンで。
ここで、ひなゆんとゲストとのトークコーナー。主にゲストの告知タイム。
劇場版魔法少女ひなゆんゲストの声優として、大久保 宇将さん、小宮 亜紀さん、じょん よこすけさん、ヨルやそさんも出演。

ひなゆんラスト主催バースデーライブ ~Last Pink Party~supported by 萌えこれ学園赤城 はるかさん。ひなゆんピンクオリジナルTシャツにショートズボン。ハイテンションに歌うのに応えて「はるるん」コール。まだまだと煽る。もう1曲歌ってから、またまたひなゆん登場して、またデュエットで歌う。
まりやはぎ。田中 まりやさん(ピンクチェック有りワンピース)と矢作 昌子さん(ピンクチェック無しワンピース)の2人ユニット。いきなりヲタ芸打ちが大フィーバー。トーク後は、赤青ライトで盛り上がり。またまた、ひなゆん登場。3人で歌っているときの見事な揃い方。ピンクライトが舞う。
望月 じゅりえるさん。ひなゆんピンクオリジナルTシャツに薔薇モリモリの白パニエ。背中に白い羽根。まだまだ迫力満点で続いている。トーク後も残力ありありなヲタたちである。お手紙コーナーを済ませると、歌で盛り上がる。「じゅりえる」コールが止まらない。
ひなゆん。白ワンピースに衣装替え。歌っているところで、「ひなゆん」コールが。ここで、劇場版始まる。声優3人たちが登場。もみくちゃになるが、まるくおさめた。再び歌に。
ところが、暗黒役の声優が登場。ひなゆんは小さくなってしまった。残る3人が登場して、4人揃って歌う。果たして、どうなったか。
と、ひなゆん復活。1曲歌うが、まだ小さいまま。と、天の声が。ヲタたちの声援で元に戻った。こうして1曲歌い、暗黒世界は消滅した。こうして、再び明るく盛り上がるステージとなった。
アンコールは、「ひなゆん」コール。さらに、バースデー祝いでクラッカーに驚くひなゆん。最後に魔法ステッキの原点曲を歌い、終演の時となった。
物販・交流タイムでは、言うまでもなく長蛇の列。もちろんひなゆんのところは。時間に追われつつも楽しめた。そして、会場を後にした。みなさ~ん、楽しい夜をありがとう!! 最後に、一部の出演者の写真をギャラリーに載せるよ。