昼下がりの休息 2

Live Space CAVALLINO3月最初の週末は、埼玉県川口市のピアノライブから始まる。昼に始まるので、10時30分頃に都電荒川線で王子駅前へ向かい、JR京浜東北線で川口へ。開場の12時前に会場のLive Space CAVALLINO(写真上)に着いた。
待ち客は少なく、ほぼ先頭だった。前回は結構長い列ができて待ち時間も長かったのだが。ほどなくして、定刻の12時に開場。佐々木 かのさんと裕里菜さんに会う。今回のライブだが、空席が目立っていた。
しばらく待機し、スタッフの注意事項アナウンスが行われた後、12時30分に開演。
山瀬 亜子さん。都内で活動中で、路上ライブ(京浜東北線沿線)を軸にしている。最初は、ピアノを弾かずにアカペラで歌う。透き通るほどの美声が場内に響き渡った。次に、ピアノ弾き語りで歌う。たいていはオリジナル曲だがカバー曲を織り交ぜていた。今回は、和風をテーマにチョイスしたという。

昼下がりの休息 2芽音(めい)さん。すべて、ピアノ弾き語りで届けた。昼下がりの休息、というにふさわしい内容で、かなりの緩さで弾いて歌うので、週末にたまった睡魔が襲ってきた。意識がすっかり飛んでいた。最後の時には「え~!!」を言ったが。
予約を入れた、佐々木 かのさん。まずはソロでピアノ弾き語り、ほんわかな2曲を歌う。ここで、サポートメンバーが登場。ベースはkatoさん、カホン・パーカッションは雨雲さん。そして、佐々木 かのさんは前に出て、鍵盤ハーモニカを演奏。このグループでハードな曲を歌い、楽器も扱う。これが終わればピアノに戻って、いつもの和む曲でしっとりと。あと2曲はテンション高めで、手拍子も気分良く。さらには、サビの掛け声も決まった。
最後は、裕里菜さん。いつものように、ピアノ弾き語りを美声で歌う。オリジナル曲から始まった。トーク後はカバーを2曲歌い、さらにオケ有りでオリジナル曲を弾き語り。そして「待ってました」のビールの歌。今回は春にちなんだビールの曲。花見の場で歌うにはいいが、居酒屋では歌うのはもったいないほどの、可愛らしい内容。最後は、春らしいオリジナル曲で締めくくり。
なわけないのよ。手拍子が止まらないのよ。アンコールは、定番の「ビールンルン」で大盛り上がり。約3時間のライブは終演。
イスとテーブルが撤収されて、物販・交流タイム。今回は、出演者全員と会ったよ。あまり待たされなかったのもあるけどね。そろそろ天気が怪しくなったので、出発するか。みなさ~ん、楽しい昼をありがとう!! 最後に、出演者の写真をギャラリー掲載するよ。