二度目の睡眠精密検査

年明けの仕事を1週間こなし、翌日は夜にライブいう晩の事。予約済の二度目の睡眠精密検査を受けたのだ。場所は、高田馬場駅近く(写真上)の睡眠外来の医院。
今回の検査目的は、CPAPの適正な設定を決める事である。当然ながら、CPAPのマスクとチューブは持参しないといけない。前は20時近くに行って順番が最後になって、22時過ぎまで装置の取り付け待ちという悲しい状況になったため、今回は早めの18時40分頃に突撃(?)。
外来の受付は終わっているが、まだ患者が残っているために、テレビは付いているし、しばらく待つこととなる。次第に患者が精算を済ませて帰って、残り1~2人となった19時20分頃に呼ばれて検査室へ案内された。
前回の検査室は手洗・シャワー室が別だったが、今回の検査室(写真下)は手洗・シャワー室付きだったので、用を足したり体を洗うために通路に出なくても良い。

担当医から、
「20時頃に取り付けを行うので、それまでにシャワーを済ませて下さい」
と言われ、手早く準備して時間内に済ませて待機。
20時になって、担当医が来てセンサー等の取り付けにかかった。前回と同様、足が最初で次に腹部、最後は頭部に取り付け、動作確認に。だが、前回は順調だったのに今回は検知しない箇所があって付け直しが行われ、約1時間かかってしまった。それと、前回は寝る前の薬は装置取り付け前に服用だったが、今回は概ね取り付け終わった頃に服用と変更された。
足と頭部に外れ防止のネットが被せられ、ベッドでの動作による感知テストが全て問題なく作動することが確認されたら、その上にCPAPのマスクを付けて21時頃に就寝。最初は真上を向いていたが、その後は意識が飛びまくりの爆睡状態で、途中外れて起こされず翌朝を迎えた。
照明で起床したのは5時30分頃のこと。マスクを外し、センサー類の取り外しが行われた後、取り付け箇所に塗られていたグリスを洗い流すため、シャワーを浴びて落としたのである。
全てを済ませて6時前に、帰宅。結果は、約2週間先の通院時に判明するとのこと。これで、CPAPの適正圧がどれくらいかが決定する。果たして。