裕里菜企画 ~ほんわか冬のピアノ女子祭り~

ライブ参加史上、初の埼玉県上陸、という今日。都電荒川線で王子駅前まで行き、JR京浜東北線で川口へ。今回の会場は「川口キャバリーノ」(写真上)。着いたら既に長蛇の列が出来ていた。このライブの人気ぶりを裏付ける光景だ。
11時50分に開場。当然だが受付までに時間がかかった。そして開演少し前に、主催の裕里菜さんが、あいさつ。そして、12時20分に開演。
佐々木 かのさん。白い服に赤スカート。まずは、手拍子で盛り上がる曲から始まった。2年半前にワンマンライブをここで行って以来、久々に来たという。ワンマンライブ当時に初披露した曲も。最後は、1年前のラジオ番組から誕生した、僕のクリスマスエピソードから作られた曲が登場。タイトルは「トナカイ」。しんみりするが「シングルベル」な方には慰めになると思う。変に明るくして妬まれるよりはマシですよ。
つつみたに なおこさん。白いワンピース。こんなに滑らかに歌えるのかと思うほどに、流れる感じで歌い始めた。次が、彼女自身の曲で最も暗いという、しんみりとしたもの。声が高めなので、見た目に合っているように可愛さがある。

青木 さおりさん。赤系のワンピース。銀座でのライブ以来、今回で2度目。やや強めに弾いて歌う。語りに合わせるように、リズムを付けている。それも、曲名に似合った強い弾き語りで、観客を惹きつける。
山谷 結(やまや ゆい)さん。赤と黒のチェック服に白いロングスカート。テンション高めの曲で、観客の手拍子が響き渡る。気分良かったのが過ぎたのか、いつしか意識が飛んでいた。
裕里菜さん。グレーの水玉ワンピース。バースデーワンマンライブの時の新曲や、クリスマスにちなんだ曲を届ける。さすがに主催をつとめるだけある。今回は雰囲気が合わないので、いつものビールの歌は無し。今回の状況を考えてのことなので、これでいいじゃない。
最後は出演者全員が集まり、セッション。曲は「やさしさに包まれたなら」(松任谷 由実さん)。演奏は、裕里菜さん。他の4人は鈴を持って歌う。気分良く終わったかと思ったら、観客の「ちょっと待った!!」がかかった。どうやら、筋金入りの裕里菜さんのファンにとっては、ビールの歌が聞けないことには納得出来ないようだ。ということで、今日はお蔵入りするはずだった、ビールの歌を歌う事に。
終演後に出演者撮影タイム、そして物販・交流タイム。意外に時間が取れなかった。佐々木 かのさん、青木 さおりさん、裕里菜さんと会ったら、もう撤収時間に。川口を後にしたのであった。
みなさ~ん、楽しい昼をありがとう!! 最後に、撮影した出演者の写真を、ギャラリーとして掲載する。