ついに引っ越した

旧宅2012年末から約3年間過ごしてきた、新宿区高田馬場の一軒家シェアハウス(写真)。10月初頭に、いきなり大家さんから告げられたのだ。
「この家を取り壊しないし建て替えをするので、今月中に退去して欲しい」と。
近辺でのつながりがあって転居先は決まったが、まさに一大事である。うだうだ言っても決定したことは覆せないので、段取りを組むことにした。だが、僕はプロフィールにも書いてある通り「高機能広汎性発達障害」である。先延ばしをしやすいし、大きな環境の変化で体調を崩してしまうのだ。少しずつではあるが、搬出・積み込み・積み下ろし・搬入がしやすいように荷物の整理を行った。
そして、予報に反して晴れた月最後の水曜日に、代休を取って引っ越した。低収入なので、軽トラックをレンタルして作業にかかった。レンタル時間は6時間と限られているので、出来る限り多く積んで往復回数を減らさないといけない。
移転先は近いのであるが、かなりの量があるので1回では積みきれない。結果的には3往復したが。返却した時には時間ギリギリだった。
これで終わるわけではなく、移転先の配置・整理ならびにネット環境整備をしないといけないので、いつもの調子になるのは、まだまだ先になりそうだ。