バス★ロビKENSHILOW Presents『Very Berry Magic Vol.77』

赤坂CLUB天竺毎回参加するようになったライブは、いくつかあるが、今日は「Very Berry Magic」が昼にある。東京メトロ副都心線で明治神宮前(原宿)へ、東京メトロ千代田線で赤坂に向かえば、会場の「赤坂CLUB天竺」(写真上)は近い。
10時20分の開場前には数人待っていた。さあ、定刻通りに受付が始まって、スタンバイに入った。一部の出演者との交流も楽しみだ。だが、篠崎 柚宇さんは体調不良のためキャンセル。
10時40分、開演。MCの永遠の13歳「みゆきゅん」こと、心音 みゆさんが登場。セーターみたいなワンピース姿。
まずは、ユニットは久々の↓20センチ↑。他ですっぽかした(?)裕さんと、何回か会って顔見知りに定着してきたshiyaさん。グレーのワンピースで揃え、肩の部分は裕さんは白、shiyaさんは黒と色違い。いきなりトークから始まった。どうしてもコントになるんだねぇ。それでも、歌は見事に揃っていた。オリジナル曲を中心に歌った。ヲタが最前列で始動。だが、今回は次の予定上、中間MCまで滞在できない。
たかくら るみさん。花柄入りの黒ドレスで登場。いきなりヲタ連中が前を中心に固まって、芸を打つ。激しいダンスでも、ヲタの手拍子あれば良し。ただ、最後はヲタたちもバテたか。
予約を入れた、「こもも姫」こと、姫宮 こももさん。「ピーチ王国のプリンセス」にふさわしい、こもも姫定番のピンクワンピースにピンクリボン。定番カバー曲とオリジナル曲で手拍子と手振りでヲタ連中は上々の気分であった。「こもも」コールも響き渡って熱さがこもってきた。最後はいつもの遊び歌。こうなれば、前に出ないわけがない。大いに遊べたよ。
ここで、MCタイム。至ってノーマルにハロウィンネタで振るみゆきゅん。だが、ここまでの出演者に対して、下手にムチャが振れず敗北感満々なみゆきゅん。

バス★ロビKENSHILOW Presents『Very Berry Magic Vol.77』Rose Libre。新衣装で登場。黒チェック服と指定カラーのバラ付きの黒ロングスカート。歌う時の揃いは言う事がない、さすがだ。一転してトークに入るとなぜか突っ込み合い、コントになってないや。それでも、歌の時にはヲタたちもすっかり陶酔していた。
近藤 亜美さん。今までのピンクのオリジナルTシャツから一転して、黒いオリジナルポロシャツと白いショーパン。「あみのチャージ」でかなり飛ばしてきた。と思ったら落ち着きつつも、手拍子が。最近は、イベントコンパニオンの仕事もこなしており、今月はイベコンの仕事の方が多いという。
ここで、MCタイムに入り、またハロウィンネタで楽しませる。前ではムチャが振れなかったみゆきゅん、ついに2回分をぶつけるかのようにムチャぶりが炸裂した。
「ちゅん」こと、横峰 まりさん。白カーディガンに赤チェックミニスカの制服姿と、すっかり定番の格好である。かなり久々の出演だ。ヲタ連中の掛け声が響き渡り、「ちゅんちゃん」コールも白熱に拍車をかけた。そして、ついに待望のオリジナル曲を歌うことが決まったようだ。良かったね、ちゅんちゃん。
「あすみん」こと、前田 明日美さん。かなり久々の出演で、活動休止前のイメージをひっくり返したような、露出度高めの黒メイド風の服で登場。黒いオリジナルTシャツのヲタたちが最前列に出る。掛け声に手拍子が止まらない。オリジナル曲を軸に歌う。ヲタたちの動きに物足りなさを感じたのか、ガンガン煽る。もちろん「あすみん」コールだって欠かさなかったよ。
「捨て猫王子」こと、黒崎 亮さん。定着してきたピンクベースのワンピースで登場。「前が空いてるよ。こっちおいでよ」と寄せる。歌うと飛ばしにかかる。猫パンチを上げて調子に乗り、ヲタ連中も芸を打つ。迫力ある曲を歌い、思いっきりのせるのせる。最後の「え~!!」には毎度の「にゃんっ!!」。
ここで、MCタイム。ちゅんには衣装について聞くが、あすみんにはハロウィンネタは食べたいものをぶつけ、捨て猫王子にはハロウィンに無関係なことを聞く、ムチャぶり炸裂を加速させた、みゆきゅんであった。
最後は、バス★ロビ。今回は黒い服でまとめた。30分ロングバージョン。復帰した主催のベース担当のKENSHILOWさん、磨きの掛かったギター担当のU.Gさん、そしてパワーいっぱいで場内を引き寄せるヴォーカル担当のRYO-KOさんの3人が揃った。もちろん、オリジナル曲を歌い続けるが、アニソンだってカバーして歌ったよ。12月初頭には、タイ遠征が待ち構えている。KENSHILOWさんは、持病の扁桃炎手術で1週間入院するという。その間はライブは設定しない。最後の「え~!!」の後の言葉に、RYO-KOさんの容赦無いツッコミ。締めくくりは、「マジカルチョコレート」でタオル振り回し。
こうして、終演となって出演者全員のお礼が行われた後、毎度おなじみの注意事項アナウンス。
さあ、物販・交流タイム。顔見知りが多くて、結構多く回らないといけないので、大忙しだった。あっという間に時間が来てしまい、一部の方には話ができず。別れ惜しい中、赤坂を後にした。
みなさ~ん、楽しい昼をありがとう!! 最後に、物販時に撮影した一部の出演者の写真を、ギャラリーとして掲載する。