ついに、無呼吸簡易検査の結果が出た

無呼吸検査結果連休前に、簡易無呼吸検査を自宅で一晩行い、約半月を経て結果が出る時が来たのであった。
ある程度は覚悟を決めていたが、一体どういう結果が下されるのか。18時前に医院に着いて待っていたのである。いつ呼ばれるか、一刻が長く感じられたのだ。
そして、ついに自分の名前が呼ばれた。重い足取りで診察室へ。そして、医師から検査結果の宣告が下された。結果は「要精密検査」であった。なにぶん、肥満体質である上に精神疾患で高血圧と爆弾を複数抱えているので、まあ「やはりそうだったのか」と感じたのが正直なところ。
さらに、度合いを見ると「重度」を指しており、これでは睡眠が十分取れないまま日中で睡魔が襲うのはもっともだと感じると共に、今まで曖昧になっていたところが、ハッキリとしたという安堵感も少しあった。
もちろん、これで終わりではない。まだ始まったばかりなのだ。精密検査は、医院内で一晩かけて行うのだが、毎週水金の週2回で各回3人、計6人ずつしか行えず、今月は既に満員で来月の下旬に予約を入れたのであった。
さらに、精密検査に関する注意事項の説明を受けて、約1時間半の診察は終わったのであった。この調子なら、CPAPかも。