Lend Helios 1st maxi single release event +Helios Night+

新宿HEAD POWER平日でありながら、この日は最高の日である。僕のバースデーであり、夜には大事なレコ発ライブがあるのだ。だが、天気が雰囲気に水を差している。日中は曇り空、夕方から雨が降ってきたのだ。
都営バスで新宿コズミックセンターへ向かい、会場の「新宿HEAD POWER」(写真上)へ。
18時開場なので受付は開始しており、済ませると、主役のLend Heliosヴォーカル担当のLENさんと会う。終演後は混雑が予想されるので、リリースしたてのCDを前物販で買ったよ。さらに、バンドライブに顔を出す知り合いにも会えた。許可を得て、Lend Heliosの動画収録を行ってくれたのですぞ。そして、18時30分に開演した。
the Psyche Curedrop(サイケキュアドロップ)。ヴォーカル&ギター担当のnao.さん、ベース担当の永田 大和さん、ドラム担当の伊東 しょーたさんの3人組。緩やかに始まったのだが、これはまだ序の口。2曲目からは本格的に飛ばし始めた。トークは、Lend Heliosドラム担当のko-heiさんネタ。彼のおかげでバンドを始める事ができて、今に至っているというのだ。次の2曲は、大切な人を思い出させるためのもの。最後もキレイな風情を感じさせたままに締めた。
How to Order。ヴォーカル&ギター担当のVanさん、サブヴォーカル&ギター担当のKaoruさん、ベース担当のYukkeさん、ドラム担当のChanKさんの4人組。1曲演奏してトークをしたら、ここからはひたすら突っ走る。途中短めのボケトーク。暴れ回ると公言すると、言う通りに雄叫びを上げて狂喜乱舞で演奏する。
Tragic Story。紅一点のヴォーカルmiyuさん、仮装しているギター、ベース、ドラム等4人を含めた謎多き5人組。それが、一層カオスに映るのだ。首振りをすれば観客も乗せられ、やる。その中の美声は、何とも言えない雰囲気。トークは、ほとんど無し。ゴーストを髣髴とさせる薄気味悪さを漂わせてつつも、見事にキメた。

Lend HeliosBEAUTIFUL WORLD。ヴォーカル担当のRaimuさん、ギター担当のSeiさん、ベース担当のRozaさん、ドラム担当のP-sukeさんの4人組。歌も演奏もソフトな感覚であった。観客もかなり増えて、熱さが伝わる。パワーの中にも爽やかさがある。ついに、最前列に移動。こうなれば、乗るしかない。トリ前の気持ち良さ、素晴らしい。
そして、最後はファーストレコ発で今後が期待される、待望のバンドグループ、Lend Helios(写真下)。ヴォーカル担当のLENさん、ギター担当のnanamiさんとmamoruさん、ベース担当のryoさん、キーボード担当のじん(ねこ科)さん、ドラム担当のko-heiさんの6人組。手加減一切無しでハードに始まった。ヘッドバットもいきなりやってくれたぞ。そして、一転して落ち着きのある曲に。トークもうまくまとめて、次の曲へ。強弱メリハリの効いた歌と演奏に、観客は言葉が出ない。素晴らしい。それを裏付けるかのように、曲の締めごとに惜しみない拍手が。後ろにも容赦なく煽る。レコ発の曲は、2曲目と最後に登場した。
これで終われないよ。もちろん、アンコールだよ。そこで、締めくくりは最後に歌った「FINAL BET」。
さあ、終演後は物販・交流タイム。夜が更けても賑やかであった。ただ、時間が押しているため長々はできない。Lend Heliosはもちろん、BEAUTIFUL WORLDにも会ったよ。そして、撤収タイムとなった。
みなさ~ん、楽しい夜をありがとう!!