バス★ロビ KENSHILOW Presents 『Very Berry Magic Vol.76』

神田 SOUND STAGE MIFAさあ、9月に入って最初の週末前にライブが。普段は昼にやる『Very Berry Magic(写真下)』。今回も夜公演。都営バスで新宿伊勢丹前に向かい、都営新宿線で小川町へ。後は神田まで歩くと会場の「神田 SOUND STAGE MIFA(写真上)」に開演10分前に到着。主催のバンドグループである、バス★ロビが受付を行い、開演前トークをヲタたちと繰り広げていた。
18時35分、定刻通りに開演。MCの「みゆきゅん」こと、心音 みゆさんが登場。毎度の前説が、久々過ぎて飛んだ。「永遠の13歳」のみゆきゅんの脳には、キャパオーバーだったかな?
まずは、「まふたん」こと、まふゆさん。黒いワンピースで登場。Trouveresのアキさんと「あきまふクエスト」ユニットで歌うオリジナル曲も、ここではソロで歌う。最後は定番アニソンだったので、ヲタ連中のヲタ芸打ちが始動したのだ。
星野 唯さん。白シャツに黒上着と黒パニエで登場。ラブライブのμ’sカバーユニットNovem’s(ノウェムス)という9人組の中で、海未ちゃんのポジション。ライブ出演は久々という。いきなり弾けて盛り上がったかと思いきや、次はしっとりで静まった。最後はヲタが大盛り上がり。飛びまくった。
Rose Libre(ローズリーブル)。約3ヶ月半ぶりに会う。黒ベースの軍服風ワンピースコスと白ブーツで登場だが、この衣装は今日が見納め。トークは初であまり話せず。それでも、歌とダンスパフォーマンスの見事な揃いよう。
黒崎 亮さん。お決まりの白シャツと薄ピンクのワンピース。前がガラ空きなので「前開いてるよ~」と言って寄せる。歌い出すと、ヲタが振る青いライトが舞う。静かめに続くかと思えば、一転してテンションアップ。ラストの「え~!!」には毎度の「にゃんっ!!」。最後はCDリリースしたてのオリジナル曲で締めくくり。

バス★ロビ KENSHILOW Presents 『Very Berry Magic Vol.76』ここでMCタイム。ここまでの「あっさりめ」な出演者が再登場。ところが、出演者の告知中に、みゆきゅんの携帯が鳴るという珍しいハプニングが。
YUCKEYさん。黄色いオリジナルTシャツと黄色い星の黒パニエで登場。黄色いライトが乱舞し、同じオリジナルTシャツを着たファンたちが、前に集結。黄色い歌声に「YUCKEY」コールで応えるヲタたち。昭和歌謡風をコンセプトとした3人ユニット「そよかぜ」(YUCKEYさん、宝城 里音さん、友野 愛音さん)でのCDをリリースしたのにちなみ、最後は収録曲を歌った。
少女零さん。天使を思わせるキレイな白いワンピースで登場。歌う時の美声と魔性溢れる地声、ヲタ芸を打って異世界の雰囲気に酔いしれていた。トークはわずか。これ以上は聞いてはあるまい。最後に突然ステージを出てヲタエリアへ。
予約を入れた「こもも姫」こと、姫宮 こももさん。「ピーチ王国」プリンセスらしく、ピンクリボンとピンクワンピースで登場。カバー曲でかなり盛り上がり、オリジナル曲で手振りで気分良く。最後は、ヲタと遊びながら歌う、いつもの曲で大いに楽しめた。この曲は最前列に行かなければ恩恵はないよ。
ここでMCタイム。ここまでの「とても可愛い」出演者が再登場。それを読んでか、適当な仕切りをする、みゆきゅんであった。
みでぃさん。ワインレッドの露出度高めのセクシーボディスーツ。観客として会うことが多めだっただけに、出演は久々だ。今度は緑のライトが舞う。動きの良さに、ヲタ芸もノリノリ。最近、写真集を出したという。これだけセクシーで登場するのだが、いつも出演後の、中間のMCタイムでのムチャぶりにビクビクしているそうな。
shiyaさん。高身長の大人っぽさと、ちょっと髪が伸びた可愛い女の子らしさを活かした、薄ピンクワンピースで登場。夏をやり直したくて、夏物の曲を盛ってきた。ユニット「↓20cm↑(身長差20センチ)」の相方(裕(ゆう)さん)は他の場所でオフ会(←コラーッ!!)、ということでソロで歌う。飛ばして、しんみりして、最後はユニットの曲で気分良く。
cestino。毎度のことながら、mayaさんはギターを持ち込むのであるが、弾いてるフリ。本当は早く弾けるようになりたいというが。2曲は、相川 なつさんのヴォーカル1人状態だったが、締めくくりはデュエットで白熱した。
ここでMCタイム。ここまでの「濃厚で大人な」出演者が再登場。そこで、仕掛けたかのように爆弾発言が続出する、みゆきゅん。
最後は、主役のバス★ロビ。だが、主催(←KENSHILOWさん)が事情により不在。RYO-KOさんとU.Gさんの2人で盛り上げていた。厳しい状況の中、しっかりとカバーしてヲタたちをグイグイ引っ張っていた。最後の曲になり「え~!!」となった後に、いつも僕は「もう最後?」とこぼすが、思わぬツッコミがRYO-KOさんから。「あんた、それ何回目!?」と(←ヤラレタ…)。最後はタオル回しの曲でヒートアップして、終演となった。
最後のMCタイムで、みゆきゅんが登場して物販時の注意事項が伝えられ、準備に入った。
さあ、物販・交流タイム。しかし、時間はたったの25分。特に交流の多いこのライブは、メッセージカードを書く枚数が多く、効率良く並ばないといけない。もちろん、長居をすると他のヲタたちに迷惑だ。黒崎 亮さん、心音 みゆさん、shiyaさん、みでぃさん、姫宮 こももさん、と回った時点で時間切れ。バス★ロビとは軽く話すことしかできず。
こうして、神田を後にしたのであった。みなさ~ん、楽しい夜をありがとう!!