何が起こるか分からないUターン道中

晴天の伊丹空港ついに、Uターンの朝がやってきた。天気は晴れ。準備をして9時頃に実家を後にした。
阪急と大阪モノレールを乗り継いで大阪(伊丹)空港へ。またANAの便であるため、南側のターミナルに向かう。ここで、職場などへの土産を買って手続きに入ろうとした。もちろん、帰りの便もネットで予約・決済・座席指定を済ませているからチェックインは不要。搭乗便は11時発、ANA22便・東京(羽田)行き。
ところが、搭乗予定便が到着が遅れているために出発が25分遅れるという、案内があったのだ。そうなれば、屋上の庭園に寄って時間つぶし。保安検査場へ行くと、やや混んでいて少し待たされた。また、ポケットの中身を出し忘れて警報音を鳴らすハメに。まあ、何とか無事に通過したが。それでもまだまだ時間があるので、ランプバス搭乗口にも寄る。やはり、羽田空港より狭くて小ざっぱり。

雲から突き出す富士山頂搭乗予定時刻が、11時20分となった。少し無料携帯充電コーナーやWi-Fiコーナーで情報チェック後に、搭乗口にて待機(写真上)。
さあ、準備ができたようだ。まずは優先客から案内され、続いて一般客の案内。機材はボーイング767なので、通路は2列で広め。手早く荷物をハットラックに入れて着席。そして出発スタンバイ。
11時25分に出発することになり、西側の滑走路へ南側から進入して到着機を待機してから、11時35分テイクオフ。ある程度上昇すると、左に旋回して南下してから東海道上空を東へフライトするルートで向かった。
景色を楽しむため、音楽やビデオは利用しない。少しすると、ドリンクサービスが始まった。今回は落ち着きたかったので緑茶にした。さらに進んでいくと、雪をかぶっていない黒い富士山頂が、雲を突き出したかのように見えた(写真中)。この景色が西に離れるようになると、いよいよ着陸態勢。機長のアナウンスによると、最短ルートで行うという。遅れを取り戻したい思いであろう。東京湾上空を下降していき、東京湾アクアラインが見えてきた少し後、12時30分に着陸。

羽田空港のリムジンバス乗場滑走路を離れて少し左に寄ったところで停機。何があったのか、と言うと機長のアナウンスが。
「着陸5分前に油圧異常が発生し、機材から油が洩れており、被害を最小限にするために停止しています。判明するまで、しばらくお待ち下さい。」
まあ、緊急着陸で別の場所になったら、と思えばマシである。今日は予定がないので焦ることもない。20分ほどして、「到着は401番スポットに変更します。タラップでの降機でターミナルまではバスで案内します。」とアナウンスがあった後に、直進するかのように進んで到着。沖止めだ。
降りた後は近くに停車中のバスに乗ってターミナルへ。到着口を出た時には13時を過ぎていた。乗り継ぎはしたくないので、リムジンバスで新宿駅行きに乗車(写真下)。乗っていた飛行機は、止まったまま修復が行われていたようだ。第1ターミナルに寄ってから首都高速へ。少しすると、トンネルだらけの新道路を駆け抜けるようになって、やっと出口に出たと思ったら初台南ランプであった。もう新宿は近い。35分はかかったが、新宿駅西口の南側にあるリムジンバス西乗場(羽田空港発着専用)に到着。信号をわたってリムジンバス東乗場(成田空港発着専用)近くに乗車券販売所がある。あとは、都営バスで戻って帰宅。次は年末年始帰省である。