帰省の途につく

羽田空港での搭乗待ちいよいよ、実家へ向かう時が来た。搭乗するのは6時15分発、ANA985便・大阪(伊丹)行き。もちろん、大阪方面の始発便である。
保安検査場へ向かい、手荷物の検査を受ける。乗客が少ないためか、あっという間に自分の番になって約5分で問題なく通過。ちなみに、僕は飛行機を利用する場合は、国内線は1時間前に、国際線は2時間前にチェックインして、保安検査の手続きができるようにスケジュールを組む。なぜなら、飛行機に乗る際に、国内線でも国際線でも避けて通れない、時間のかかる手続きが保安検査だからである。それゆえに、余裕を見込まなくてはならないのである。国際線は、さらに時間のかかる出国審査があるので、余分に1時間多く見積もらなくてはならない。
さて、遅れ等は生じていなく定刻出発のようである。搭乗は始まっていないので、案内があるまで待機する。

小雨の中の伊丹空港出発20分前に搭乗開始の案内があり、優先客を先に搭乗させてから他の客の搭乗手続きが始まった。機材はボーイング737であるため通路は1列だが、座席周りは広めでLCCのように窓側優先搭乗にする必要がない。段取りよく搭乗し、遅延客がいなかったために少し早めに出発。沖合の滑走路に向かって移動し、6時30分にテイクオフ。天気が悪く、厚めの雲を抜けてのフライトとなった。
機内で流れるビデオを見ていると、ドリンクサービスが始まった。気分良く着きたいので、アイスコーヒーにした。そして、約45分後には着陸態勢に入り、下降を始めた。近鉄布施駅が見えた時、地上位置のイメージが付いた。大阪城、梅田、新大阪、豊中の景色を下に眺め、7時20分に大阪(伊丹)空港に着陸。
小雨がぱらついており、どんよりした朝の伊丹空港の到着口に向かった。伊丹空港は、保安検査場から到着口までが乗降共用なので、搭乗口を逆行するような降り方をするのである。
あとは、大阪モノレールと阪急を乗り継いで8時30分頃に実家へ。夜行以外で最早の帰省であった。余談だが、新幹線の場合は始発で行っても、実家に着くのは9時過ぎになる。