帰省前夜にFIRST CABIN 羽田ターミナル1で一泊

FIRST CABIN 羽田ターミナル1この週末に大阪に帰省することになったが、予約した航空便が早朝であるために前日の晩に、出発地の羽田空港で一泊することになったのである。
もちろん、ビジネスホテルに泊まれるほど高所得ではないので、空港内の安めのホテルを選んだ。場所は、羽田空港国内線 第1ターミナル1階にある「FIRST CABIN 羽田ターミナル1(写真上)」。最近は、成田空港では時間帯の制約で発着できない国際線の早朝・深夜便が増えており、そのニーズに応える目的で安く空港に泊まれるようにするためにオープンしたのだ。
仕事を終えて、都営バスで新宿駅西口へ向かい、都営大江戸線で大門、都営浅草線で泉岳寺、また都営バスで品川駅高輪口と、都営交通乗車証で行ける範囲まで乗り継いだ。
品川駅で土産を買って、京急で羽田空港国内線ターミナルへ向かった後に夕食を済ませてからチェックイン。
ファーストクラスとビジネスクラスの2種類があるが、僕はファーストクラス(写真下)をチョイス。一泊6300円。ビジネスクラスなら一泊5300円だ。1,000円の差であるが、ビジネスクラスはカプセルホテルの拡大版で、部屋の踏み場がないのが難点だった。ちなみに部屋に鍵が付いていないので、貴重品は部屋のロッカーに入れておこう。宿泊エリアは男女別なので、女性客でも安心して泊まれるよ。また、フロント右のロビーは自販機などがあるので、歓談などにもってこい。

FIRST CABIN 羽田ターミナル1 ファーストクラスさて、成田空港で一泊したカプセルホテルはシャワーだけで風呂がなかったが、ここはシャワーがある上に風呂もあるのがスゴイ。もちろん、一風呂してからロビーでゆっくり。
22時を過ぎた時点で就寝。起床は早朝4時45分。ここは、スタッフによる起床サービスがあるので、目覚ましが無くても安心して寝ることができる。テレビがあるが、見る体力がないので見ない。
翌日。スタッフが起こしに来てくれたのである。目覚ましだと、隣の宿泊客を起こしてしまい迷惑がかかるが、これなら大丈夫だ。さあ、出発準備。忘れ物がないか確認して、5時10分にチェックアウト。朝食は実家で食べるので、ここでは食事しない。
乗るのは全日空なので、無料シャトルバスで第2ターミナルに行かないといけない。ネットで予約・決済・座席指定を済ませてあるので、チェックインは不要だ。いざ、保安検査場へ。