鈴村 あすか 定期ライブ Vol.1

四谷Theater NOAH HEART-MEN STUDIO梅雨の序盤で空がどんよりしている平日の夕方、仕事が終わって都営バスで新宿伊勢丹前まで乗り、そこから品川駅行きに乗り換えようとすると20分待ちと来た。で、歩いて四谷四丁目交差点の一角にある、ライブハウス「四谷Theater NOAH HEART-MEN STUDIO」(写真上)に向かったのだ。既に待ち客が並んでいて、開場を待っていた。
だが、開場時刻の18時30分になっても開演時刻の19時になっても、受付が始まらない。どうやら、準備がごたついていたようだ。そして、19時15分に開場。今回は着席スタイルという珍しい内容であった。ちょこっと、フライングであすにゃんが出没した。開始前、オープニング映像が流れる。
19時20分、記念すべき「鈴村 あすか 定期ライブ Vol.1」(写真下)が開演。白いワンピースの「あすにゃん」こと、鈴村 あすかさんが登場。フリーになってからは初めて会う。
まずは、立て続けにカバー曲を3曲歌う。最後はファンでなければ理解できない、お決まりのポーズ。この後は、スペシャルな映像を上映。なんと3部作。が、プロジェクタ不具合のため後ろのテレビで見ることに。
第1部は、グダグダの自己紹介から始まった。さらには、Yahoo! 知恵袋にあった、あすにゃんプンプンの質問・回答の吊し上げ。そして、苦手克服ということで目薬さしチャレンジ。今後のライブ紹介を流して、一旦終了。
続いては、オソザッキーとのユニット「天ぷらプラネット」初登場。しっとりな曲を中心にカバー曲を3曲、さらにはオリジナル曲を1曲。

鈴村 あすか 定期ライブ Vol.1映像第2部は、くまくま探検隊の探索に始まり、あすにゃんの早口言葉、あすにゃんの妹(?)の反抗期あすかによるの告知、英語が苦手でカラオケで英語歌詞が出ると凹むシーン、来月の芝居告知まで流して終了。
ここで、あの反抗期あすかが、セーラー服で登場。懐かしの曲とオリジナル曲を歌う。ヲイヲイ、学校に間に合うのか?(←もちろん定時制の)
映像第3部は、スゴイお知らせ。爆笑映像てんこ盛りと、ここまで来ると言葉にするのも大変なので割愛する。
あすにゃんが復帰してきて、テンション上げて歌った。最後はオレンジ色のサイリウムが飛び交った中で締めくくった。アンコールは無しで、すぐに物販交流タイムとなった。ちなみに、あすにゃんはフリーになっても撮影・公開NGなので、ここで掲載はできないのである。あっという間に撤収が始まり、外にでると土砂降り。濡れながらバスで帰ったのであった。あすにゃん、楽しい夜をありがとう!!