アニソン・ボカロ なま歌会 Vol.5

LIVE HOUSE Kanademiaまずは、ご挨拶とお礼から。この記事を以って、ついに記念すべき500件目となったのだぁ~♪ これも、読者の皆様の支えによって成し得たことであり、感謝感激という言葉を表したい次第である。本当にありがとう!! そして、これからもよろしく!!
都営バスで渋谷へ向かって昼食後、京王バスで新高円寺駅へ。歩いてすぐの「LIVE HOUSE Kanademia」(写真上)が会場。14時開場なので受け付けに行こう。と、その前に予約を入れた、神崎 由衣さんと会った。ご無沙汰だったねぇ。寂しくさせてゴメン…
受付を済ませて待ち合い中に、観客席にいた、長谷川 愛(まな)さんと話した。しばらくして、14時30分に開演。
MCは、ピン芸人のボーイッシュな、きみえさん。女性であるが、見た目だけでなく、声でも男性と間違えるほど。何でも、かつては吉本興業に所属していたという。まずは、出演者全員が登場して、出演順に軽く紹介(写真下)。
りーなさん。黒ジャケット、白いフリルスカートという可愛い見た目に反して太めの声で熱唱した。ヲタがいきなり芸打ちを始動したではないか。で、トークは可愛い声だったよ。
終わると、MCタイム。このイベントでは終わるたびにMCと出演者とのトークタイムが行われ、告知も行われる。
NORIさん。サングラスをかけた、アニメキャラクターのコスチュームというカッコいい姿で登場。途中でサングラスを外すが、抜けた感じに見えたのは気のせいか。歌い終わると再びサングラスをかける。続いては「アニメじゃない」のフリップを持ち、観客が声をかける時には前に掲げた。
MCタイムで、ズッコケトークをやらかして、場内失笑という一幕もあった。
佐藤 駿さん。夜の繁華街に出てきそうな、ホスト風の服装で登場した。いきなりガンガン飛ばして来た。アニメ好きではあるが、男性声優がメインのものが好みで、アニソンもそこから選んでいる。目指すアニソンシンガーに向けて歌っているわけだな。素晴らしいではないか。
MCタイム。なお、男性出演者は2人なので、ここまでである。
青原 未来(あおばる みく)さん。ジャケットとソックスは赤黒縞。黒い自分の名前入りオリジナルシャツと黒パニエ。アニソンをメドレーを歌う。トークの時は、名前を何回も間違って呼ばれるので、フリップを持ちだしていた。
MCタイム。ジャケットをさらに開けると、シャツに書かれている名前に、しっかりとふりがなが書いてあった。

アニソン・ボカロ なま歌会 Vol.5 出演者五十嵐 結菜さん。「萌えるゴミ」と書いた黒Tシャツと白ショーパンで登場。なのだが、出るとき恥ずかしがっていた。なんと、パニエ忘れたって。人気アニソン歌ったかと思ったら、1番だけで終わって観客のツッコミが入りまくった。まあ、ティーンズだし可愛いからいいか。
長谷川 愛さん。バブルついんず! の「まなめろ」。ピンクのワンピースと、ツインテールと可愛さ満載で登場。途中で歌詞が飛びまくったけど、許しちゃう。ヲタたちが前に出て、のっていた。もちろん、僕もね。不安がっていたけど、彼女もティーンズなのだ。
MCタイム。ここで同じ事務所ということで、五十嵐 結菜さんと長谷川 愛さんのユニットで登場。今春所属したての新米アイドルで、告知がメチャクチャ。これにはMC大弱り。
最後は、神崎 由衣さん。トリという大役に、セットリストも熟考したほどの状態で挑んだという。黒いセクシーなワンピースで登場。一番大人なパフォーマンスで、アダルトな雰囲気で魅せた。と言っても、今回は観客スペースの「やり過ぎ」パフォーマンスは無いよ。歌の素晴らしさもさることながら、ヲタ連中のヲタ芸も一層熱を帯びて盛り上がった。
最後のMCタイムとなり、再び出演者全員が登場した。言い忘れた告知はないかな? よし、これにて終演。
さあ、待ってましたの物販・交流タイム。言うまでもなく、神崎 由衣さんに会いに行く。筋金入りのファンたちが集まっていた。もちろん、チェキもゲット。あとは、五十嵐 結菜さんと長谷川 愛さんともチェキをゲットして、話したよ。そのうちに撤収となり、新高円寺を後にして帰宅。みなさ~ん、楽しい時間をありがとう!!
最後に、ライブ中に僕が撮影した出演者たちの写真を、ミニギャラリーとして掲載する。ご堪能あれ。