Music Jam Vol.26

Live Garage 秋田犬Music Jam 参戦から離れて約4ヶ月、アーティストのライブに参加する回数が減った中、久々に Music Jam に行くこととなった。今回は昼公演。都営バスで新宿伊勢丹前へ行き、都営新宿線で岩本町へ。フリーマーケットなどの露店が多くの細道で喧騒に行われる中、会場の「Live Garage 秋田犬」(写真上)へ。
受付を行ったのが開演5分前とギリギリ。そのため、出演者たちはステージ横でスタンバイしていた。そして、11時25分に開演。
KINOKOさん。以前にも出演したことのある、ギター弾き語り現役女子高生。今回は、さすがにスニーカーという残念なスタイルではなく、可愛さいっぱい。オリジナル曲を中心に歌う。最近、楽譜を自分で書けるようになったという。最後だけはカバー曲を歌った。
シンギンザレイン。僕がご無沙汰していた中でも、Music Jamに出演していた。なぜか、桜の話で始めていた。と言うか、もう明日で6月なんだけど。まずは新曲から歌う。そして、トークタイムに入ると必ずと言ってよいほど漫才になる。キーボードのケイイチさんが喋りたいのを堪えきれずに、マイクを回して言い始めると、ヴォーカルの虹の瞳さんのツッコミで、あえなくノックアウト。ちなみに、現在CD制作進行中。終盤にハイテンションな曲で盛り上がり、最後はユニット名らしく、しっとりと。これからがシーズンですよ。

佐々木 かのさんCony-Leon the Dramatic(コニーレオン・ザ・ドラマチック)。ギター弾き語りの 池田 雄介さんとピアノ弾き語りの はせひろさんの男性2人組。2人で弾きながら見事な揃いようであった。実に、きれいにまとまっていた。トークタイムの時、露天に隠れていて入場するのに2回も通り過ぎた、とこぼしていたそうな。
本来であれば、矢吹 望さんがトリに出る予定だったのが出演キャンセルとなったため、トリ前からトリに繰り上がった、佐々木 かのさん(写真下)。もちろん、僕は彼女に予約を入れている。今日のライブで、初めて備え付けのアップライトピアノが使われた。いつものように、ピアノ弾き語り。今回は、ゆったりめの曲を中心に歌う。さらには、半年間出演していたラジオ番組から生まれ、最多票を得て完全な曲として作られたオリジナル曲も歌う。まあ、今歌うには季節はずれではあるけどね。しんみりとしてきたようなので、最後はハイテンションな曲で締めくくる。
いつもなら、ここで終わるはずなのだが、何ということかアンコールがかかったではないか。珍しいことだ。アンコール曲は、彼女の生まれ故郷をテーマにした曲。ピアノの上には「深谷ねぎ」が置いてあった。何が歌われたかは、知っている方は知ってるよね。
さあ、終演後は物販・交流タイムだ。まずは、KINOKOさんから。続いて濃厚なファンたちが固まっている、佐々木 かのさん。そして、シンギンザレイン。じっくり話そうと思ったら、スタッフの撤収コールがかかった。ということで、会場を後に帰ったのであった。みなさ~ん、楽しい時間をありがとう!!