Rayna’s Birthday Live

渋谷guest遊び人の3連休の中日、参戦場所は渋谷。またして夜。都営バスで渋谷駅西口へ向かい、東急百貨店本店を経て映画館「KINOHAUS」のほぼ向かいにあるライブハウス「渋谷guest」(写真上)へ。
今回のライブは、かつて「Music Jam」の出演者だった関係でのつながりがある、アーティストたちが集まる。「Rayna’s Birthday Live」(写真下)。今月5日にバースデーを迎えた、水野 鈴菜さんのバースデー&レコ発ライブなのだ。他の要素もあるが、とにかく「てんこ盛り」なのである。
19時に開場なのだが、エレベータで行くしかなく、おまけに地下2階。でもって、着いたら観客でごった返していた。しかも、凄く窮屈でステージの付いたスナックバーのようである。
19時30分、開演。主役の水野 鈴菜さんが、軽くあいさつした後、ピアノ弾き語りで始める。年女ということも意識してか、羊をイメージした服装。
その後、ゲスト紹介。GlassWoolと矢吹 望さん。どちらも「Music Jam」に出演していたので、昨年行っている方は分かりますよね。紹介後、弾き語りをもう1曲。

Rayna's Birthday Live小休止の後は、GlassWool。ありささんがガチャピン、梅さんがムックの着ぐるみで登場。梅さんは被ると聞こえないので、頭出し。1曲歌い終わったところで、ありささんも前に垂れてくるというので頭出し。と、梅さんが着ぐるみを脱ぎ始め、赤海パンエプロン姿になる。じゃあ、ありささんも着ぐるみを、とはいかないよ。
歌い終われば、ステージとは反対側のミニロビーでバースデー祝い。みんなにケーキが振る舞われ、しばし軽食タイム。
続いて、寸劇。なんと「だまれーな」ならぬサングラス姿の「あばれーな」現る。矢吹 望さんが狙われた。
鈴菜&望で1曲歌った後は、矢吹 望さんが、ヴォーカルとギター弾き語りを2曲ずつ。白をベースにしたドレスで登場。これはめったに見ることが出来ないよ。
水野 鈴菜さんが再登場。ピアノ弾き語りで明るくなったかと思ったら、しっとりな曲に。そして、途中のトークはグダグダ。MCは苦手とは本人の弁。最後は、珍しくヴォーカルで。さあ、これで終わるかと思えば、観客たちは断じて終わらせない。はい、アンコールだよ。アンケートでもリクエストが多い曲を、ピアノ弾き語りで。こうして22時15分、終演となった。
これより、物販・交流タイム。ポイントカードなのだが、先月をもって「Music Jam」の出演を終了したのに伴い、システムが変更された。今月からは、渋谷guestを拠点に主催ライブ(毎月第2月曜日の夜)を行うため、最初にカード発行料として500円を払う必要がある。さらに、前述のようにレコ発であるためCDもゲット。今後に期待して、渋谷を後にした。平日だが余裕ができれば、ぜひとも行きたい。