AYAファミリー パーティーLIVE♡Vol.2

navicafeの夜10月になり、涼しさが増してきた西新宿。約5ヶ月前と同じ場所で、再び限定ライブが行われた。
そう、「AYAファミリー パーティーLIVE♡Vol.2」(写真上)なのだ。場所は、navicafe。都営バスで歌舞伎町まで行き、そこからは徒歩。18時前に着いたのであるが、周りは暗くなっていた。
会場周りをたむろするとビルの出入りの妨げになるので、近くの待機場所で開始まで時間をつぶすことにした。僕を含めて4人が待機していた。
さあ、18時になった。オープンである。座る場所は前と同じにした。今回もAYAさんの手料理はカレーである。言っておくが、具だくさんで旨味と愛情が凝縮されているのだぞ。時間が経つにつれて観客が増えていった。
20分たって、主役のAYAさん(写真下)が登場。準備にかかっているが、料理が出ると、撮影しに回っているではないか。気になる様子であった。
大満足の夕食が終わり、ほぼ揃ってきたところで19時になり、ライブが始まった。
まずは、今までリリースしたオリジナル曲から。観客たちもノリにノッて大賑わい。途中で、ちょっとハプニングがあったが、それはライブだからと割り切ろう。

AYAさん(2014年10月12日)前回はヲタク好みの服装であったが、今回は通常のライブの時のようなドレスであった。そして、今回が「AYA」としての「最後の旅」とも言うべきライブなのだ。実を言うと、デビューしてからアーティスト名は「AYA」であったが、今後は彼女の本名である「柳下 綾子(やぎした あやこ)」として活動するという。何でも、苗字はよく読み間違えられるそうだ(「やなぎした」ではないヨ!!)。
前半が終わると、テレパシーじゃんけん大会。これは、彼女がじゃんけんに弱いので、あいこの時だけ勝ち抜け(「勝ち」ならびに「負け」は脱落)という変わったじゃんけんなのだ。で、挑んだが思った以上に大苦戦。全くダメであった。そして、早帰り客のためのミニ物販タイム。
後半は、最近リリースした曲とカバー曲を交えて大盛り上がり。タオル回しも出てきて、店内は最高潮の雰囲気となった。最後の曲を歌い終わっても、アンコールは欠かせないよ。
さあ、ライブが終わればプリクラとCDのオークション落札者の発表。この後は、物販・交流タイム。帰宅が早い観客から並んだ。僕は近場なので最後でも問題なし。
結構話やチェキ・撮影等で時間が過ぎ、気がつくと22時近く。西新宿を後にして帰宅。最高の気分だったよ、本当に。