渋谷 Angel Sweet Vol.4

渋谷 Star Lounge8月最後の日曜日、もとい最後の日の朝は渋谷から始まった。おまけに昼と夜のダブルヘッダーである。
9時過ぎに都営バスで神南一丁目まで行き、西側へ歩くと東急ハンズの向かいにライブハウス等が同居するビルにたどり着く。昼のライブ参戦は、このビルの1階にある「渋谷 Star Lounge」(写真上)で行われる、「渋谷 Angel Sweet Vol.4」(写真下)だ。
合同でのアイドルライブは久々だが、中でも1年以上も会っていないアイドルが出演するので、駆けつけたのだ。
開場は10時なのだが、既に数十人が今か今かと待っている。あれ、観客たちが中に入らない、と思ったら別のライブの観客だった。とにかく受付を行う。
10時20分、開演。まずは、神戸 忍(かんべ しのぶ)さんから。と、いきなり詰まりまくりの飛びまくりではないか。いくら朝早いからって、それはまずいよ。
次は、清水 舞美さん。元々はグラドルからデビューしたので、カバー曲が中心であったが、最後はオリジナル曲を歌った。
花音 ありすさん。観客から「かにょりん」と呼び声が。そして、前のヲタ客達は「ご主人様」になった。アキバのメイドを思い浮かべたひとときであった。
雪森 ありかさん。白雪姫の生まれ変わりの「あーちゃん」である。でも、歌い始めると右や左や観客を煽りまくっていた。
海涼 あかね(みれい あかね)さん。Twitterを常に触っているらしく、瞬時にリプライをするらしい。フォローしよっかな。
友里 舞さん。体の小ささとは裏腹に、目にも止まらないダンスに目を奪われてしまった。
そして、待望の推しアイドルである「あいりたそ」こと、辻 あいりさん。僕は前に出て掛け声を上げた。歌声は美しさが際立っていた。入ったかいがあったというものだ。
前半最後は「きょこたん」こと、濱口 京子さん。3ヶ月の休養後の出演。観客が左右に前後に動いて、見事な一体感を見せた。

渋谷 Angel Sweet Vol.4さあ、後半は、萌華(仮)さんから始まった。椎野 愛花さん、柳田 絵美花さん、如月 杏さんは、ほぼ揃いの服で登場。年末に3マンライブを行うそうで最後は3人で歌った。
柚之原 りえさん。今年3月から活動を始めたばかり。疲れが見えてきた観客たちに、容赦なくハッパをかけまくった。
桜井 奈津さん。なんと、今週末の土曜日にワンマンライブをするというのだ。いきなりだねぇ。
関屋 ひかりさんは、六本木でのライブ以来。なんと浴衣姿で登場。でも、歌いだせば「おしとやかさ」なんか吹っ飛ばすが如く「もっと~!!」と叫びまくっていた。
最後は、鳴島 有菜さん。トリを務めるというので全てオリジナル曲で決めた。mixiでつながっていると思うが、わかるかな?
こうして14時40分頃に終演となり、お楽しみの物販・交流タイムに入った。
最初は予約を入れた、あいりたそに会いに。が、予約客が多くて列がなかなかはけない。やっと会えた。元気で何よりだよ、僕は。チェキをオーダーした。うれしいなぁ。
次は、鳴島 有菜さんに会いに行った。覚えていなかったらしく、まあ初会合ということで会話した。ここでもチェキをオーダー。
そして、六本木では会えなかった、関屋 ひかりさん。おそらく列が一番長かったのでは。それもそのはず、予約外でも浴衣姿の写真のプレゼントがあったからである。そのうちに、「出演者は楽屋へお戻りください」とスタッフの声が。時間がない。それでも、チェキをオーダーして素早く済ませた。
そして、清掃にかかったライブハウスを後にした。みなさ~ん、楽しくて熱い時間をありがとう!! そして、スタッフの皆さん、時間オーバーでゴメンナサイ。