Music Jam Vol.14

AKIHABARA MARZ日曜日の朝、二度寝をして目が覚めたら10時。危ない危ない。今日は昼前からライブ参戦だ。都営バスで本郷三丁目駅前経由で御茶ノ水駅前へ、JR中央総武線で秋葉原へ向かった。
駅からすぐのライブハウス「AKIHABARA MARZ」(写真上)が今回の会場。元々は「AKIBA DRESS HALL」と呼ばれていたが、今年5月から名称変更となった。「Music Jam Vol.14」(写真下)は、昼に行われる。
着いたのが11時10分頃だったので、開場待ちの観客たちが並んでいた。良かった良かった。でも、開場も5分ほど遅れていた。
入口前の列がはけた頃に入場するが、地下の受付の行列が長く続いていた。ややバタバタした中で、15分遅れの11時35分に開演。
まずは、佐々木 かのさん。なんと、いきなりポップにヴォーカル。これはもしや、アイドル時代にタイムスリップ!? それでも、2曲目からはピアノ弾き語り。シモさんのいぬ間にファミリー色を濃くした曲を届けた。それでも、最後はシモさんを立てる曲で締めくくり。ユニット復活を期待しよう。
次は、事務所ならびにママシンガーつながりの、虹の瞳さん。ピアノサポートのケイイチさんと共に。最初だけカバー曲で、以降はオリジナル曲。本八幡のビアガーデンライブ以来であるが、ライブハウスで聞くのは初めて。最後は、ケイイチさんがハプニングを起こして弾き直す一幕も。

Music Jam Vol.14続いて、水野 鈴菜さん。最近、アコースティックギターにハマっているという。だが、それで嫉妬したのか、自宅のピアノが故障するアクシデントが。もちろん、今回はピアノ弾き語りだよ。あと、実家でのアクシデントもあったようで、痛々しそうだった。最後は、予想外にもヴォーカルで締めくくった。
後半に入り、Glass Wool。今回はトークはあまりなく、いつものボケとツッコミは無く順当に進んでいた。ところが、最後は梅さんがステージから去って、ヴォーカルのありささん1人で歌うという想定外が。
mami(まみ)さん。Music Jamは初めて。今回は2曲のみであった。まあ、これからですね、はい。
最後は、ろとれとろ。今回は、まなみさん1人で。ゆっくりした詩語りで、ゆったり。気持ちいいですねぇ。と、うとうとしてしまうではないか。というわけで終演。
この後は、抽選会。毎度おなじみ、大ハズレ。そして、物販・交流タイム。楽しみですよ、はい。が、夜からも予定があるので、長居はできない。秋葉原を後にした遊び人であった。次回のMusic Jamは、秋田犬で夜に行われる。