盆休みの帰省・Uターン編

関西空港行きリムジンバスついに、東京へ帰る日がやって来た。予報通りに曇って、時折雨が降る不安定な天気。
昼食は間に合うが、出発は16時なので夕食をとる時間は無い。
ただ、ちょうどに出発すると、雨で濡れるおそれがあるので、少し前倒しに出ることが出来るように準備したのだ。で、中に入れると、ドンドン荷物が増えていくのである。
飛行機の機内持ち込みの荷物には、重量制限がある。液体もややこしくさせる。そこで、大半は後日、宅配便で送ってもらうことにした。
ある程度は用意出来たが、発達障害の特性なのか着替えたのは出発20分前とバタバタ。相変わらず親から「ゆとりがないねぇ」と言われた。それでも、出発予定10分前にはすべてが揃い、無事に出発できたのである。

関西国際空港ターミナルシャトル空模様は、曇ってはいるものの雨は降っていない。途中で降らないことを願った。阪急茨木東口まで行って、そこからリムジンバスで関西国際空港へ向かう。発車時刻は16時22分なので、かなりの余裕。
バスの始発はJR茨木東口なので、約5分前でないと来ない。来たかと思ったら路線バスだったりして、ガックリしたりする。そして、やっとリムジンバスが来た(写真上)。
往復乗車券を買っているので、運転士に渡せば良い。乗車券を持ってない場合は、乗り場近くの簡易販売所で乗車券を買ってから乗る。
定刻通りにバスは発車し、2日前にたどった道を戻るようにして向かった。目立った渋滞がなかったので、ほぼ定刻の17時30分前に関西国際空港の第1ターミナル4階・国際線出発口に到着。
エレベータで2階に降りて、関西空港駅を通ってエアロプラザで夕食ならびに土産買い。でもって、時計を見ると18時5分。第2ターミナルへ急いで行かなくてはならない。シャトルバスで第2ターミナルへ(写真上中)。逆方向に比べて距離的に短いので約5分で着いたのだ。

関西国際空港第2旅客ターミナル・国内線出発帰りは19時発MM119便成田空港行き。出発まで、残り45分しかないので、急いでチェックイン機で搭乗券を発行した後、足早に保安検査場で手荷物チェックを行い、搭乗準備まで完了。
関西国際空港第2ターミナル・国内線乗り場(写真下中)は成田空港第1ターミナル・国内線乗り場よりは狭いが、土産・飲食コーナーの充実感は関空のほうがダントツで勝っている。
搭乗口へ行くと、1つ前の鹿児島行きが準備中。ここは、ピーチアビエーションのみ扱っているので、搭乗手続きは1便単位で行われる。そのため、該当便の客のみが搭乗口へ向かえるようになっているのだ。
成田行きはというと、機材到着の遅れで15分遅れ。その後の松山行きや福岡行きも10分の遅れが発生していた。鹿児島行きの最終案内が行われ、しばらくすると成田行きの窓側席の客の案内から。そして、他の客の案内が始まると、いよいよ搭乗口へ向かう。
搭乗券の確認はゲート近くで行われるが、大手エアラインのように改札機のような立派な設備は無い。係員が確認作業を行うのである。素早く行えるように、前側の席と後側の席とで分けて行い、タラップも前後に付けて分散搭乗(写真下)。

関西国際空港・ピーチ搭乗すると、後ろのタラップを引き上げて前だけで搭乗するとの案内が。足早に前へ向かい、写真を撮って最後に搭乗。全員が着席した頃に、扉が閉まって出発準備が整った。そして、右側に旋回するように動き、第1ターミナル側の滑走路へ。窓に雨粒が打ち付け、暗くなった関西国際空港を19時30分、テイクオフして成田空港へ。
途中、気流が不安定であるために強い揺れが起こった。行きとは異なり外は真っ暗なので、どこを飛んでいるのかは分からない。そして、20時30分に着陸案内が行われた後に緊張感がピークを迎え、20時40分に無事に成田空港に着陸した。第2ターミナル側の滑走路に降り立ったので、かなり移動したと思われる。
また、タラップ降機のランプバス移動かと思いきや、今度は搭乗口での降機となった。LCCにしては珍しいことだ。降りたら急いで1階の京成バスのカウンターへ行く。
事前に購入してはいるが、成田空港発は時刻指定が無いため、カウンターで乗車便指定を受けなくてはならない。次のバスは21時10分発で、あと5分しかない。かと言って、次は21時30分発なので、今度は帰る時間が遅くなる。大急ぎで乗って、10分発に間に合わせた。ほとんど順調だったが、箱崎付近で渋滞にまかれて呉服橋インターを降りて、東京駅八重洲口に着いた時には22時15分と延着。
あとは、大手町駅から都営三田線で春日へ向かい、春日駅前から都営バスで帰ったのであった。家に着いた時には日付が変わる40分前であった。