盆休みの帰省・出発編

東京シャトル・成田空港行き8月14日午前10時。都営バスで新宿駅西口へ。都営新宿線で馬喰横山に向かって、JR総武快速線に乗り換えて馬喰町から東京へ。
東京駅構内で土産を買うと、改札を出て八重洲口に向かった。今回の帰省は新幹線を使わなかった。理由は、新年の「こだまグリーン車裏切り事件」の怨恨が切れなかったからである。と言うことで飛行機を使って帰省することにした。それもLCCで。
さて、LCCであるが羽田発は皆無で全て成田発である。成田空港へ行く手段は数あるが、LCCを利用するなら安く行きたい。なので、事前予約すれば900円で乗れる「東京シャトル」(写真上)をチョイス。
東京駅八重洲口・京成バス3番乗り場に着いたのは11時40分。乗車する1つ前の便が発車する時刻だった。乗車便は12時発。バスは8分前に来た。予約済みの客から乗車し、未予約の客は後から。もちろん、僕は予約を済ませているので先行乗車組だ。全員乗車し少しして、定刻通りに発車した。

成田空港第1ターミナル・国内線出発宝町インターから首都高速に入り、9号深川線、湾岸線を経て東関東自動車道の成田インターから新空港自動車道を通り、成田空港第2ゲートで検問を受けてから、第2ターミナル北、第2ターミナル南と停車して、終点・第1ターミナルで降車。
ちなみにLCCであれば、ピーチアビエーションは第1ターミナルで、ジェットスター国内線は第2ターミナル南で、ジェットスター国際線は第2ターミナル北で降りると良い。
これで分かったと思うが、僕が利用するLCCはピーチアビエーションである。そう、全日本空輸系列の大阪発LCCなのだ。
バスは定刻に着いたので、余裕をもって動ける。降りた場所は4階の国際線出発口なので、エレベータで1階の国内線出発口へ降りなくてはならない。
チェックイン機で予約時に印刷したバーコードをリーダに読み取らせ、注意事項に同意するとレシート型搭乗券が発行される。かなり歩いて3階の保安検査場で手荷物チェックを済ませると、2階の搭乗口(写真中)で待機する。

成田空港・ピーチ搭乗乗るのは14時発MM116便関西国際空港行き。だが、到着便が遅れて出発が14時15分に変更された。LCCは機材をギリギリの数しか持っていないので、このような遅れは日常茶飯事である。搭乗開始は出発20分前に行われるが混雑回避のため、窓側の列の客ならびに同伴の客が先に案内され、その後に他の客が案内されるという具合に誘導される。
ランプバスに乗車して、遠く離れたところに駐機している飛行機にタラップで乗るのである(写真下)。あれ、先行したランプバスから乗客が降りない。まだ搭乗できる状態ではなかったようだ。14時30分、ようやく搭乗開始。急いで荷物を収納して着席。結局、出発したのは定刻から40分遅れ、テイクオフは14時50分。悪天候の成田空港を後にして関西国際空港へ約1時間のフライトが始まった。