七彩☆GLITTER 1stワンマンLIVE『Varicolored Star 2014』

2014年7月の初台 The DOORS七彩☆GLITTERとの再会は、雪が積もった中での2月のアニソンライブの時以来。よりによって場所は全く同じ、初台 The DOORS(写真上)。
かつては工事中だったために歩道は狭かったが、今は駅へのエレベータが完成して歩道が広くなった。おかげで、このアングルで撮影できるようになったのだ。
それはさておき、今回参戦するライブは是非とも行きたかったのである。それもそうだ。「七彩☆GLITTER 1stワンマンLIVE『Varicolored Star 2014』」(写真下)、そう、七彩☆GLITTERの初のワンマンライブであり、DVD初リリースの時でもあるのだ。あいにく、DVD再生環境がないのと金欠という理由で買えなかったが。
17時30分の受付開始時刻が過ぎており、大半の観客は入場済み。僕も手早く受付を済ませた。で、中に入ると早速ギター担当の、yurikaさんに会った。前の空間は、ほとんど埋まっており今か今かと待ち構えている。
18時10分、開演。オープニングアクトは、Aprikkot Buzz Step(アプリコット バズ ステップ)。前の観客は早くからヒートアップ。約30分間の演奏が終われば小休止。

七彩☆GLITTER 1stワンマンLIVE『Varicolored Star 2014』そして19時、ついに待ってました!! 七彩☆GLITTERの登場!!
前半は、オリジナル曲でのバンド演奏をガンガン飛ばして盛り上がった。ちなみに、サポートドラムが、あゆなさんになってからは初である。ただ、時間がなくて最後に会うことは出来なかったが。それより、さっきから「あさぴー☆」コールが響くのだが。ギター担当の、あさぴー☆さん、今回も忘れずに酒瓶を持参。ただ、喉の調子が良くないのか、水も飲んでいる。夏風邪には要注意、お大事にね。一方で、観客は会場内に目一杯埋まっていて、身動きが取れないほど。ファンが多いのだ。それに女性客も結構いる。
小休止の後は、寸劇。新宿のバーを舞台として、あゆなさんがママ役でナナグリ4人が嬢役。歌うは、もちろんヴォーカル担当の、LENさん。で、1人だけ服装に違和感を覚えて恥ずかしがっていたのが… 誰かは秘密。
続いては、あさぴー☆さんが中心となってバンド演奏。なんと、ベース担当のMicaさんがキーボードを弾いているではないか。これは是非とも、弾き語りを聞かせてみたいものだ、と期待するのは僕だけか。ハハハ…
後半に入り、再びバンド演奏。途中でゲストを呼んで歌うという企画。1人目は以前ANDROMEDAのヴォーカルだった、hiromiさん。なんとナナグリの曲をカバー。2人目の愛璃さんと、3人目の石戸 なつみさんは至って普通なカバー曲。そして、最後まで飛ばして引き上げると、例のごとく観客の「アンコール」。
ムムム、なんと後ろから出てきたではないか。一言あいさつをした後に、2曲届けて約3時間20分に及んだ熱いライブは幕を閉じた。
この後は、物販・交流タイム。DVDのサインでナナグリのメンバーたちは大忙し。そんな中でも話す時間を取ってくれた。ありがたい。
と、まだまだ居たいが時間がない。こうして初台を後にした遊び人であった。みなさ〜ん、最高の夜をありがとう!! 大成功だよ!! そして、お疲れ様でした。