祝1周年!! Music Jam Vol.12

高円寺 Studio K充電期間が終わり、いよいよライブ参戦再開。夏至の後の日曜日は、あいにくの雨。都営バスで新宿駅西口乗り換えで、高円寺駅入口まで行き、少し南下したところにある「高円寺 Studio K」(写真上)が、今回の会場である。
12時10分頃に着き、受付を行う。3階にあるサウナ受付の隣がスタジオへの入口という、変わった構造である。あれ、受付担当はGlassWoolじゃないか。それはいい、準備ができていなくて12時20分の開演予定時刻に全然間に合わなっていなかったのだ。なかなか始まらない。そして、遅れること約50分。やっと入場。今回は14組(写真下)と多いので夜遅くまで行われるという。13時15分開演。
水野 鈴菜さん。いきなり新曲から。かなり遅れている為にトークタイムは控えめで。オリジナル曲で気持ちよく始まった。帽子が取れても演奏するところが、素晴らしい。
connectone(コネクトーン)。本来は2人組だが、ヴォーカルが休みで1人でギター弾き語り。とにかく緊張しまくり。オリジナル曲とカバー曲を混ぜながら演奏。何とか形にはなったようで。
佐々木 かのさん。今回はサポートバンドと演奏。服装は夏バージョン。アイドル時代を思わせるヴォーカルで始まり、ピアノ弾き語りからキーボード弾き語りと、曲も夏色でまとめた。その間、ステージ近くに子供が… 危ない危ない。
GlassWool。梅さんの海水浴スタイルに、ありささんの爆弾発言。さらに過激になって会場中が大受け。おそらく、夏が一番近いアーティストだね。沖縄出身であるのも、そうさせているのか。
池田 有梨(ゆり)さん。ピアノ弾き語り。オリジナル曲が少なく、まだリリースできないため、カバー曲を中心に。

Music Jam Vol.12音子(ねこ)さん。ギター弾き語り。アップテンポの曲が中心。観客をよく見ているのか、しんみりした観客を覚ますために、最後は手拍子をする曲で締めた。
季子(きこ)さん。ピアノ弾き語り。ゆったりした曲を中心に、しんみりと時間が過ぎていった。夏に、こういう感じの演奏も、いいねぇ。
KINOKO(きのこ)さん。高校生でギター弾き語り。見た目でハーフと間違えられるらしい。トークと歌声のギャップが大きいという意外性が面白い。
高尾 彩佳(あやか)さん。ギターサポートと出演。MusicJamでは少数派のヴォーカル出演。日暮れ前の美声、いいねぇ。
風見 穏香(しずか)さん。ギター弾き語り。柔らかい声で気持ちよく。オリジナル曲を全国リリースして、勢いがついている。
桑名 愛素佳(あすか)さん。ギター弾き語り。カバー曲から始め、オリジナル曲も届ける。その中には、海外に行った時に書いた曲も。おや、ピアノ弾き語りも、やりますか。おまけにヴォーカルまで。
ろとれとろ。まなみさんはピアノ弾き語り。独特の詩語りで届ける。夜の雰囲気にピッタリ。今日は昼に友達の結婚式に呼ばれて、その後に来たという。
矢吹 望さん。ヴォーカルから始める。トークタイムでは盛り上がりを見せる。ギター弾き語りに移ってからも、トークタイムでは笑いが起こる。
最後はTRICKART(トリックアート)、ヴォーカル・オカリナのNyacさんとギターのMiloさんの2人組。服装の派手ぶりもさることながら、パフォーマンスもスゴイ。トリにふさわしい。ストーリー仕立て、ここまでくればミュージカルではないか。最後まで目が離せない。こうして、約8時間に及んだ音楽の大祭典は幕を閉じた。
でも、これで終わりではない。誕生月アーティストの誕生日祝い。今月は、しーちゃん(風見 穏香さん)。そして、MusicJamも1周年。
続いて抽選会、見事に僕の番号を避けるかのごとく全然当たらず。
さあ、物販・交流タイム。が、時間が無かった。しかも、予約を入れた佐々木 かのさんは18時に撤収している。水野 鈴菜さんに見送られて、高円寺を後にした。
みなさ~ん、最高の時間をありがとう!! そして、お疲れ様でした。