東明 始輝•Yuina 共同企画 『Bottle Party Vol.03』

渋谷RICK今日は月曜日なのでライブが入ることは少ないが、珍しくも予定がついたし、かなり久々に会いたいアーティストがいるので、昼下がりに都営バスで渋谷に向かったのであった。
場所は、渋谷駅東口から交差点を東に少しだけ進み、左に曲がるとすぐのところにある「渋谷RICK」(写真上)。ライブ名は、「東明 始輝•Yuina 共同企画 『Bottle Party Vol.03』」(写真下)。会場は17時30分なので、あと数分である。と、会場から数人が出てきてスモーキングタイム。向かいがボウリング場なので、ボウリングのぶつかる音が響くのだ。
そういった中、出演者の1人である、SAOLIさんに会った。と、全員が戻ったので、開場のようだ。受付の後、会場に入ると観客は10人ほど。
17時40分、開演。まずは、H.H(エイチエイチ)から。本来は男性バンドグループなのだが、ドラムとギターの各パートの2人が来れなくなったために、ベース弾き語りで1人だけという寂しい出演となったようだ。それでも、長髪を振り乱しながら演奏。体から発する蒸気が、気合ぶりを表していた。
さて、ドリンクカウンターへ行き、生ビールを頼んだが、途中でビールが切れて補充交換をするというハプニングが。と、何ということか、上原 綾華さんに会ったではないか。マスクで分からなかったが。ちなみに今回は歌わない。
次は、岸 沙也香さん。ギター弾き語りである。ライブハウスで行うことがメインだが、路上ライブも行っている。夏は頻繁にしていたが、冬は回数が減少、それでも春には回数を増やす予定。場所は北千住が多い。
続いて、もりぞーさん。名前に似合わず、カワイイ女の子。自然派なのか、なぜかはだし。朗読から始まり、歌に入った。昨年6月から活動しており、最初はカバーでやっていたが、今回のライブで、初めてオリジナル曲を歌った。

東明 始輝•Yuina 共同企画 『Bottle Party Vol.03』この後は、ママシンガーで僕の準推し、SAOLIさん。いつも通りのシースルーの上着。歌う時の定番スタイルである。見た目だけではなく、手招きで観客を前へ寄せる。さらに、磨きのかかった美声でも魅せる。でもって、見た目のスレンダーボディーに似合わず酒豪。でも、家庭と喉には愛を。
東明 始輝さんの好意で出演した、小八重 友(こばえ とも)さん。女性ファンが前に集まる。人数も増えている。曲はカバーのみだが、見事な歌いっぷりに観客の盛り上がりは半端ではなかった。ただ、所々でカミカミ。それでも熱唱で乗り切った。
次は、Sakiko(さきこ)さん。見た目が観客みたいなスタイルで、出演者とは思えなかった。そして、見た目通りにパワーのある歌声で魅了していた。ただ、暑がっていたようだ。春が近い証拠だね。おまけに、ライブ初出演で緊張バクバクだったそうな。
対照的なのが、翔伍(しょうご)さん。序盤からしんみりとした曲で始まった。さらに、外見のカッコよさとは裏腹に、トークは寒さ満載。ついでに告知もカミカミ。花粉症で春が苦手なために、夏が来てほしいというそうだが、それなら冬に戻って欲しいと願ったほうがいい気が。
続いては、泉 沙耶さん。臨場感ある曲に負けない響き渡る歌声。1年ぶりのライブ出演。一時は対人恐怖症になり、アーティストを断念することも考えていたが、それを乗り切り、ついにステージに立ったという。これは期待できそうだ。
男女ペアのふたりぐるーぷ。檜尾 健太さんと陽与瀬 結衣さん。歌っている時は至って普通にアーティストの体をなしているのだが、トークタイムに入ると檜尾さんが話すと、陽与瀬さんのドギツさ全開のピコハンツッコミ。元々ソロシンガーでやっていたので、歌声はバッチリ。観客も手の動きに乗る乗る。
さあ、ここからは主催者の歌が続く。前半は、東明 始輝さん。美男子なスタイルで登場。オープニングはハスキーで驚いたが、観客をひきつける歌声に、観客は大賑わい。「崩れ落ち」と歌詞にあった時に、崩れ落ちてくれたのには笑った。見事なファンサービスだ。
後半は、僕の推し、Yuinaさん。オリジナル曲中心ではあるが、カバーは映画の主題歌であるために、前日に実際に見たほどの周到ぶり。本人は映画を見て号泣したが。歌唱力に、一層の磨きがかかっている。そして、帽子を含めた服装もスタイルが定着しているようだ。
そして、ラストは主催者同士のデュエットで締めくくり。約4時間の魅力あるライブパーティーは終演を迎えた。
写真撮影タイムの後には物販・交流タイムに突入。が、22時近くで時間がない。次の機会を期待して渋谷を後にした。みなさ~ん、素晴らしい時間をありがとう、そして、お疲れ様でした。
なお、補足するが今回出演のYuinaさん、SAOLIさん、上原 綾華さんは、昨年夏の時点では、所属事務所がハートサウンズであったが、現在はATreat(エートリート)に移籍されたという。おそらく、他にも移籍しているアーティストがいるようだが。