遊び人、ジロリアンになる

ラーメン二郎・池袋東口店有名になっている「ラーメン二郎」。僕は、インスパイア系なら近くの「用心棒II階」で食べたが、本家の「ラーメン二郎」は食べていない。
だが、本店は三田にある。そこまで行く時間は、なかなか無い。近くに「ラーメン二郎」の支店は無いのか。いや、池袋にある。だったら、仕事が終わった後に行ってみよう、ということで遊び人の食キングタイム、今回は「ラーメン二郎・池袋東口店」(写真上)に突撃。場所は、グリーン大通りのバス停密集地の南東、洋服店のサカゼンの真裏にある。
閉店は23時なので、もう待ち時間なしで入れるだろうと思ったら、間違いも間違い、大間違い。22時を過ぎているというのに行列が無くならない。これぞ二郎の威力、とどまることを知らない。
待つこと10分あまり、ようやく店内の食券機にたどり着く。豚ダブル(900円)にした。

ラーメン二郎・豚ダブル全部マシ一方、店員さんは「大盛りの方、いらっしゃいますか」と待ち客に聞いている。麺が太いため、茹でるのに時間がかかることから、少しでも早く出せるようにするために予め用意するのだ。また、茹で具合も聞いてくる。固めか普通か聞くので、普通にした。
食べ終わった客が店を出ては、待ち客が座っての繰り返し。食券を買ってから約5分、ようやくカウンターに。
ここでのトッピングは、野菜、ニンニク、背脂、辛め(醤油)。これは、出来上がり前に聞いてくる。僕は、全部マシ(写真下)にした。そして、待望のラーメン見参!! おそらく、マシと言ったので、こうなったが、もしかしたらマシマシと言ったら驚異的だったかもしれない。
野菜をスープにつけながら食べていき、ニンニクはスープによく溶かし、太目の麺を食す。チャーシューはスープに沈ませたら冷たくない。そして、ニンニクたっぷりのスープを飲み、花冷えの夜にガツンと備えた。
好みが分かれるが、ジロリアンも悪くはないぞ。なお、定休日は月曜日。但し、月曜日が祝日の場合は翌日が休みとなる。