Music Jam Vol.7

DRESS AKIBA HALL前から見る秋葉原駅1月最後の日曜日の遊び人は、ライブ参加ダブルヘッダーという凄まじいスケジュールをこなさなくてはならなかった。以前に、昼夜ぶっ通しで渋谷にてアイドルライブ連チャンとか、昼から江戸川橋のタレント事務所主催の歌合戦で夜から秋葉原のバンドライブという状況があったので、これで3度目。
朝9時過ぎに高田馬場の自宅近くからバスで池袋駅へ行き、口座振込みを済ませると、次は新宿伊勢丹前までバスで行き、直下の新宿三丁目から都営新宿線で岩本町に向かい、秋葉原へ(写真上)。ライブ会場は、「DRESS AKIBA HALL」。
昼のライブは「Music jam Vol.7」(写真下)。開場は11時15分なので、かなり時間に余裕がある。チケットは既に購入済みなのでドリンク代だけ払って中へ。
15分遅れの11時40分、開演。まずは、先月に会った、水野 鈴菜さん。歌は文句なしの素晴らしさ。だが、トークタイムに入ると、いきなりカミカミをやって、客からイジられまくっていた。髪がつやつやというせいなのか、途中で帽子が脱げるハプニングも。何でも、来月にNHKのど自慢の予選出場抽選が通り、予選があって通過すれば生放送の本選に出場するという。ちなみに、事務所に所属していないフリーなら出場可能。
次は、僕の推しの「ほんわか和み系ママシンガー」佐々木 かのさん。だが、そのイメージをひっくり返したと思うほど派手な赤と黒のドレスで、しかも半袖。これは、5~6年前のアイドル時代を回帰してのスタイルだという。それもあってか、そのアイドル時代に歌ったカバー曲も歌っていたよ。もちろん、定番オリジナル曲から春に向けた新曲も披露してくれて、ほんわかな雰囲気に包まれたひとときであった。
この後は、初めて見る、せりかな。さん。今度はギター弾き語り。2代目 東海汽船マスコットガールであり、伊豆大島の観光大使。そのため、島を思っての曲も歌っていた。聞いてて、しんみりしますなぁ。また、物販コーナーには、伊豆大島台風被害への募金箱が置かれている。今回は時間がなくて話せなかったが。

Music jam Vol.7Music jam 初出演という、カズヲさん。見た目が歌のお兄さん。楽器は使わず、ボーカルで登場。色様々なサイリウムが客席内で揺れる。拍手が小さいと、「寂しいよ~」と嘆いて煽る。見た目が元気なんで、やはり拍手は大きくないとね。
最後は、Glass Wool(グラスール)。とにかく、歌の後のトークが長い。最も、内容は面白いが。ボケ倒し、ダイエット話、潮干狩りネタで、ライブの予定をそっちのけにしないよう、ツッコミも入ったそうな。さらに、2人が異なる2つの曲を混ぜて歌うというスゴワザ、そして逆替歌という、歌詞をそのままに曲を替える芸当まで。これで盛り上がらなければ変だというもの。
14時40分に終演。この後は15時過ぎまで物販・交流タイム。業務関係の話があってか、なかなか出演者との話の時間がとれない。延び延びになって、ついにスタッフが撤収コール。
こうして、秋葉原を後にした。みなさ~ん、個性豊かな楽しい時間をありがとう!!
遅い昼食を、ヨドバシカメラ8Fのしゃぶしゃぶ食べ放題の店でとって、次は中央総武線で高円寺へ!! 日がかなり沈んでいる。次は夜のライブだ~!!