オノレトリデ Presents.ライブ「オトノマリネ」

新宿 HEAD POWER11月最後の夜のライブは、東新宿からさらに北、都営バス新宿コズミックセンター前停留所近くの「新宿 HEAD POWER」(写真上)で行われた。お目当ては川崎で初めて会った「Neontetra」である。池袋へATMに行く途中で近辺の飲食雑居ビルで火災があり、人混みに巻き込まれたが、何とか都営バス(池86:渋谷駅行)で向かい、17時40分頃に到着した。4~5人ほど入場待ちの観客が。まだリハーサル中であった。少しすると、「Neontetra」のヴォーカル、セイカさんが到着。こんなところでさっそく会うとは。
17時50分、いよいよ入場開始。「オノレトリデ Presents.ライブ「オトノマリネ」」(写真中)が始まろうとする。

オノレトリデ Presents.ライブ「オトノマリネ」さて、この「新宿 HEAD POWER」なのだが、1968年にオープンしたという。僕が生まれる3年前に既に存在していたのだ。最初は、どこにステージがあるのか迷ったが、奥の方にあったようだ。
18時15分に開演。まずは、「LET IT GIRL」から。いきなり派手に乗せてきたねぇ。ステージのスピーカーを超えて演奏だよ。これがいまどきのガールズバンドなんだろうね。
バンドライブなので、1組終わるごとに休憩が入る。今回はライブ限定オリジナルカクテルがあるので、頼む。「桃と紅茶のラプソディー」(写真下)。チケットでは買えないので注意だ。
続いて、「THE KING SNAKES」はオープニングを見ると全員男性かと思った。と、少しすると女性ヴォーカルが登場するという一幕。派手さの競いあいといったところか。
この後は、待望の「Neontetra」が登場!! 他が押せ押せの面が強い中、落ち着きのあるグループであった。どの曲がいいかって? それを聞くなよ、選べないじゃないか、どれもいいんだから。来月はメインだし、素晴らしい内容を届けてくれたよ。それだけに、最後の曲となると観客から「え~!!」「もう最後!?」と声がかかったよ。
後半に入り、以前にも観たことがある「Ms.RedTHEATER」。ファンが多いので、最前列は完全に占領されていた。おかげで撮影がしにくかった(笑)。みんな揃って「ネコネコニャンニャン」だ~!! もちろん、バックは目玉とネコの描かれたグループの旗を掲げて。

オリジナルカクテル・桃と紅茶のラプソディー一方、休憩時の交流タイムだが、ようやくCDが買えた。さらに、来月のライブチケットも押さえた。場所は同じなので迷わない。
次は、今回の中で唯一男性だけのバンドグループ「Last Child」。女性の観客が多いのは、そのためか。ガンガン押す度に黄色い声が。こういう雰囲気もありだね。
ラストは今回のメイン「オノレトリデ」。バンドとしての立ち位置を保ちながら、どこかほんわかとした雰囲気がしている。それだけに、最後はアンコールの拍手がわいたよ。
すべてが終わったのは22時40分頃。セイカさんに見送られてHEAD POWER を後にした。で、最終バスは行った後なので、歩いて自宅へ。なお、それぞれのグループの写真ギャラリーを載せるので、臨場感のおすそ分けということでご覧くだされ。