問題解決に時間かかり過ぎだ!! おい、Twitterヘルプセンターよ!!

Twitter ログイン失敗先月下旬に、写真のAndroidスマートフォンが起動不能になるという故障を起こして、修理に出したのである。2週間後に基板に不具合があったために交換された状態で戻ったわけである。そこで、再設定作業を行ったのだが、ここで問題が生じた。
他のSNSやフェリカ(いわゆるおサイフ機能ね)は復旧したが、Twitterだけは未だもってログイン出来ないままなのだ。実を言うと、Twitterは最近になって2段階認証を導入し、僕も設定したのであった。この設定をした状態で故障したものだから、大変なことになったのである。仮パスワードはログインしないと取得できないし、これは僕の不注意だがバックアップコードを控え忘れた。パソコン上でログインしようにも、ログインリクエストをAndroidに送ったとメッセージが出て身動きがとれない。おそらく、基板の固有コードで判断しているらしく、それを無効化しないことには解決しない。
もちろん、なりすましユーザーが無効化を申請するのを防ぐために、本人確認を必要としているが、これだって登録メールアドレスに対してヘルプセンターに問い合わせている。メールだって独自ドメインを使っている上に、偽装防止のためにSPFコードをドメイン側で設定しているのだから、本人以外が発信するわけがないのだ。
Twitterのヘルプセンターに何度問い合わせても、紋切型の自動メールが返ってくるので、その度に内容は全て読んでいるが解決しないから書いている、という旨で返信している。
そもそも、他のサービスの二段階認証は、6桁数字のワンタイムパスワードを使い、未対応のサービスについては固有パスワードで対応するという方式である。Google、Microsoft、Dropbox、Facebook、Yahoo!、LastPassは、この方式だ。これなら、万一スマートフォンが故障しても復旧が早い。Twitterのやり方は、アプリに送信して、そのアプリで許可をするという方式だ。ここで他社と足並みを乱している。しかも、復旧はヘルプセンターに問い合わせるしか無いという、面倒なシステムだ。
これで1週間ほどで対応してくれたなら、まだここまで言わない。もう1ヶ月も経って何も解決していないから苛立っているのだ。本当に何をしているのか、と言いたい。大至急解決することを願うばかりだ。