焼鳥の鉄人で、しちりん焼鳥食べ放題

焼鳥の鉄人・高田馬場店「1500円だけ握りしめて来い!!」 そんな焼鳥の店がある。串焼きではないが、美味い上に食べ放題というのが「焼鳥の鉄人」(写真上)なのだ。今回、僕が行ったのは高田馬場店。場所は、高田馬場駅早稲田口から小滝橋方面(西側)へ早稲田通り沿いに徒歩3~4分のところにある。
営業時間だが、夕方から開店で、祝前日を除く日曜日~木曜日と祝日は17時~深夜0時、金曜日と土曜日と祝前日は17時~深夜3時。
で、1500円というのは鉄人コース70分の食べ放題である。100分なら2200円、130分なら2800円である。また、それぞれに480円を追加した匠コースは、牛肉など選べる肉の種類が増えてビールも飲み放題になる。但し、最初のオーダー時に指定した時間を延長する場合は超過料金が加算され、各時間の差額より高くなるので注意されたい。
さあ、オーダーしよう。鉄人コース70分であることを告げて、黒烏龍茶を頼む。肉については、最初はファースト盛り合わせ(もも肉(塩)、正肉(塩)、豚バラ肉(塩))が来るので、心配は無用だ。焼鳥の鉄人と言えば、肉の旨味を引き出す天然の塩を使った自慢の塩ダレ。それゆえに、塩ダレがかかった肉がファースト盛り合わせで来るのだ。

焼鳥の鉄人・しちりん焼鳥黒烏龍茶を飲みながら、肉をジャンジャン焼いて食べていこう(写真下)。僕は太っちょなので、黒烏龍茶で脂肪をつきにくくしながら食べるのだ。
肉が無くなってくると、店員さんが気を利かせて来てくれる。そこで、コリコリ砂肝(塩)、白レバー(塩)、ぼんじり(塩)を頼む。レバーは鉄分補給に欠かせないからね。そのうちに、黒烏龍茶も無くなってきた。店員さんはこれも見逃さない。聞いてくるなり、黒烏龍茶を追加。
肉の味付けだが、一部を除いて塩か醤油を選べる。さすがに塩ばかりでは飽きるので、ここで醤油味を頼む。ももニンニク醤油、正肉(醤油)、ぼんじり(醤油)、そして黒烏龍茶3杯目。醤油味の肉も美味さは抜群。脂が落ちるたびに、しちりんからファイヤー!! でも、上には排気ダクトが付いているので、横に広がって全身ファイヤーにはならない(笑)ので、ご安心を。
仕上げにかかろう。ささみ(塩)、鳥皮(塩)、トントロ(塩)、黒烏龍茶4杯目で締めくくり。塩も醤油も美味いから味付けの選択に悩むなぁ、本当に。肉を焼くたびに、またまたファイヤー!! 僕の食欲もファイヤー!! ここまで肉三昧を貪ったの、いつ以来だろうナァ。忘れちゃったよ。まあいい、美味かったんだから。
そろそろ時間だ。精算しよう。これだけ食べても1500円。嬉しいナァ。