ハートサウンズ レコード発売記念ライブ Vol.5

下北沢MOSAIC早朝に2020年のオリンピック開催都市が東京に決まり、お祭り騒ぎになっている、この日の昼下がりに渋谷までバスで行き、用事があって寄り道した後に土砂降りの雨が降って、京王井の頭線で下北沢へ向かい、豪雨のままライブ会場へ。
場所は、駅南東部のライブハウス「下北沢MOSAIC」(写真上)。ここで、「ハートサウンズ レコード発売記念ライブ Vol.5」(写真下)が17時30分から行われた。着いた時には、開演10分前であった。受付が終わると、早速かさねさんに会った。
いつもは、すぐにドリンクを頼むが、今回はグループ分けされているため、その間に引き換えることにした。
17時30分。Aグループ開演。まずは、杉田 ココさん。ギター弾き語りで歌ったが、1曲で終わった。ムムム? なぜ? おそらく、オープニングアクトかな?
次は、愛 -kanashi-さん。ピアノ弾き語りである。僕にとっては初顔合わせ。そして、ガルコレ以来の顔見知りが登場する。上原 綾華さん。話している時とはギャップがありすぎるほどの歌唱力。ガルコレは遅れて入るため見逃しが多いので、余計に感じたのであろうか。この後は、男性陣も負けじと登場の、桑村 カズタカさん。ギターとパーカッションの演奏とともに、クールでムードある曲を届けた。
ガルコレでもおなじみのSAOLIさんは、シースルーの服で「美」を魅せて、大人な色ある曲も「美声」で魅せた。聞くだけでなくて見ないともったいないですよ。最後は、阿部 宏哉さん。ギター、ベース、ドラムのサポートを揃えたバンドで登場。ロック系の曲で大盛り上がり。観客をのせるのせる。これで、Aグループは全て終了した。投票後に休憩。始まるまでにドリンクを注文。

ハートサウンズ レコード発売記念ライブ Vol.5約10分の休憩が終わり、19時35分。Bグループ開演。葵 由羽愛さんから。が、集まりが悪い。で、もしもし、それって見るからに部屋着みたいですが。1曲だったので、オープニングアクトだろう。
次は、出演するところは初めて見る、早川 真理子さん。バンドサポートありのピアノ弾き語り。最初は緩やかな曲だったが、最後には見た目の可愛さをぶち壊さんばかりのハードな曲で締めくくった。そして、最初のレコ発の、池原 タケトキさん。アコーディオンのサポートと共にギター弾き語り。のどかですなぁ。
さあ、いよいよお待ちかねの推しアーティストのYuinaさん。2人目のレコ発。途中のトークでは曲の紹介をしていたが、曲は深夜の時間帯を舞台にしたもので、それぞれの曲で人格が異なるという。それを演じきれるように歌ったのである。すごかったなぁ。この後は、島田 真行さん。ギター弾き語りで観客を和ませ、最後に託した。
いよいよ、今回のライブのトリ、準推しアーティスト、3人目のレコ発、かさねさんが、バンドサポートと共に登場。その名も「かさねバンド」。盛り上がる曲も、落ち着きのある曲も、見事に歌いきって満員状態の観客を歓喜に沸かせて、すべてのアーティストの歌が終了した。
投票後に、半分近くの観客が帰って、スカスカになった。でも、ライブそのものは終わっていない。そう、結果発表が残っているのだ。
集計結果が出た。アーティストにとっては緊張の瞬間である。いざ、結果発表。
Aグループ、準グランプリは、阿部 宏哉さん。グランプリは、SAOLIさん。続いてはBグループ。準グランプリは、かさねさん。グランプリは、Yuinaさん。
Bグループは共にレコ発が揃って正準ともに獲得という結果となった。しかも、僕にとっても推しだから、喜びは半端ないのである。これで終了なのだが、お約束のCD購入がまだなのである。もちろん、物販・交流タイムになって、話しながら買いましたよ。大満足だ。大成功だろう。
最高の気分で、雨脚が収まった夜更けの下北沢を後にした。