行列ができる近所のラーメン屋、高田馬場の渡なべ

高田馬場・渡なべ馬場口交差点の西側、早稲田通りから北への細道に入ったところに、いつも行列ができるラーメン屋がある。自宅近くなのだが、いつ通りがかっても人気がある。
それが、「渡なべ」(写真上)なのである。昼になれば、10~20人ほどの長い列になることもあるほどの人気店のようだ。
今宵も行くと、既に4人は待っていた。店内はカウンター席だけで8人分しかない。もちろん満席だ。少しすると、4人出てきて、入れ替わるように先客が店内へ。入口には食券機があるので、前もって買うことにした。オーソドックスに、「ラーメン」(800円)(写真下)。待たずに食べられるように、店員さんに食券を渡す。
さらに待つこと約10分。ようやく4人出てきて、奥の席についた。

渡なべ・ラーメン前もって食券を渡してあるので、席についてからは数分で出た。これが待望のラーメンなのだ。
まず、メンマが大きくて分厚い。チャーシューも程よく大きめ。で、食べてみると全てにおいて調和がいい。具は大きいが和風スープの旨さを損ねないばかりか、逆に倍増させている。スープを和風仕立てにしているのが、ネギとの相性もピッタリ。
麺とスープの絡みも抜群で、適度な太さであるがゆえに片方に押されるという違和感がない。スープだって、飲み干しても後味のクドさが全くない。最後に残っている、さば節まで堪能しないともったいない。
なるほど、行列してでも食べたいラーメンと言われるがゆえだ。さすがにこだわりの逸品、大満足である。