レレエモアライブ

飛び石連休の祝日、久々にウクレレライブが行われた。昼過ぎに、都営三田線と都営バスで溜池に向かい、会場の「赤坂カーペディアム」へ。入口で、レレエモアのヴォーカルでウクレレ演奏のミイさんと会う。定刻の14時30分に開場して、店内でドリンクとフードをオーダーする。なお、ライブ料金は食事等の代金と一括で最後に支払う。申込みの大半が配信で、会場に足を運んだ方が少数とのこと。開演まで、観客とのトークで盛り上がっていた。また、ピアノの山口 樹里さん、ベースのガモウ ユウイチさんを加えた3人体制は約1年ぶりという。そして、定刻の15時に開演となった。
【第1部】
まずは、タンバリンを叩きながら、晴れやかな曲から歌って、気分上々になっている。ウクレレを持ってから紹介して、次は柔らかな雰囲気な曲を歌って、甘さが漂っていた。今度は有名なカバー曲を、ライブハウスのマスターでタップダンサーのMayukoさんとコラボして、手拍子を小刻みにノリノリになるのであった。さらに、切なさ感じる曲を歌って、しんみりとしていた。また、知名度高いカバー曲を歌って、明るさが戻ってくる。最後は明るい爽やかな曲を歌って、気分良く締めくくるのであった。
ここで休憩だが、ライブハウスの閉店やワクチン接種のネタ等が飛び交う。ライブは、16時から再開する。
【第2部】
ウクレレを持って、配信向けのトークをしてから、まずはハイテンションな曲から歌って、陽気なムードを醸し出す。次は、比較的新しい緩やかな曲を歌って、心温まるひとときが流れていた。英国在住時の事を語って、それにちなんだカバー曲を歌って、晴れやかになっていた。幸せの事を語ってから、今度はMayukoさんのタップダンスとコラボで歌って、ハッピーな雰囲気になるのであった。かなり懐かしのカバー曲を歌って、気分良くなってきてから、最後はMayukoさんのタップダンスとコラボで、よく歌う曲を歌って明るさ満開に締めくくる。
今日のライブに向けての事を語って、アンコールはミイさんとMayukoさんの2人で、気分の良い曲を歌とタップダンスが掛け合わさり、明るく終演となった。
この後は、交流タイム。そして、精算してから会場を後にしたのであった。